WORLD
2018年05月09日 22時39分 JST | 更新 2018年05月09日 22時39分 JST

北朝鮮で拘束されていたアメリカ人3人が解放 トランプ大統領がツイート

米朝首脳会談も「日にちと場所は決まった」

AP
ソウル駅で今月3日、北朝鮮に抑留されていた(左から)キム・ドンチョル氏、トニー・キム氏、キム・ハクソン氏の3人についての報道を見る市民ら=AP

北朝鮮で拘束の米国人3人解放、帰国へ トランプ氏公表

 トランプ米大統領は9日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮で拘束されていた米国人3人が解放されたと自身のツイッターで明らかにした。訪朝したポンペオ国務長官と飛行機で米国への帰国の途についているという。また、トランプ氏は6月初旬までの開催の実現を目指す米朝首脳会談について「日にちと場所は決まった」ともツイートした。

 トランプ政権にとって米国市民3人の解放は核ミサイル問題と並び、最優先課題だった。

 今回解放された3人の米国人は、敵対行為などの理由で拘束され、長期間にわたって領事面会を拒まれていた。しかし、今年3月に両国が首脳会談をめざす方向で一致した後、北朝鮮は4月半ばまでに3人全員を収容先の教化所(刑務所)から平壌市内のホテルに移していた。

 ポンペオ氏は、中央情報局(CIA)長官として3月末から4月初旬にかけて極秘に訪朝。今回は国務長官として初めて北朝鮮を訪れていた。

(朝日新聞デジタル 2018年05月09日 22時21分)

関連ニュース