アート&カルチャー
2018年05月15日 08時37分 JST | 更新 2018年05月15日 08時48分 JST

東大で“男女の垣根”を越えたファッションショー開催へ 「これまで当たり前だった価値観を考え直す」

丸井グループも実行委員会のメンバーに名を連ねる。

東京大学(東京都文京区)の安田講堂で、6月3日、性別や体型問わずに着られるコーディネートを披露するファッションショーが開催される。

発起人は、女性装の東大教授として有名な安冨歩さんと、メンズサイズのかわいい洋服を提供するファッションブランド「blurorange(ブローレンヂ)」のデザイナー・松村智世さん。企画に賛同した丸井グループも実行委員会のメンバーに名を連ねる。

当日は、男性から女性へと性別を変えたタレントの西原さつきさんらゲストとともに、ファッションを通じた多様な社会の実現について考えるトークセッションも実施される。

なぜ、アパレル界ではメンズ、レディースと「男女」がカテゴリーで分けられるのか。なぜ男女で違う服を着なければならないのか。この疑問を問い直すことが目的だ。

東大教授の安冨さんは、「男女で区分けするという、これまで当たり前だった価値観や発想を考え直すことで、ファッション業界に新しい風が吹き込んでほしいと思います。歴史と権威のある安田講堂でこのようなファッションショーを開くことは前代未聞で、大きな意義があると思っています」と話す。

photo 清水有高
安冨歩さん、松村智世さん。安冨さんが着用しているのはブローレンヂの新作だ。

wnmkm via Getty Images
東京大学大講堂(安田講堂)

ファッションショーでは、松村さんが2017年6月に立ち上げたブランド「blurorange(ブローレンヂ)」の新作や、丸井グループのパンプスなどを組み合わせたコーディネートを披露する予定だ。

「blurorange(ブローレンヂ)」は、体型や性別を問わずに「かわいい服を着たい」と思う人のために生まれたブランド。目の錯覚を駆使したデザインを取り入れ、肩幅がガッチリしていても違和感なくワンピースなどのアイテムを着こなせる。

photo 松尾由佑佐
blurorange(ブローレンヂ)の服を試着した男性モデル(右)。

松村智世さん提供
同じアイテムを着用した西原さつきさんの写真。

ファッションショーは「参加型」にするという。当日会場を訪れた人なら誰でもステージに上がり、ショーに参加できる。

松村さんはハフポスト日本版の取材に対し、以下のように意気込みを語っている。

「既存のファッションショーとは違って、"見る人"と"見られる人"を区分をなくしたいなと思います。来ていただいた方が誰でも舞台に上がることができるようなショーにしたい。プロっぽい空間にはせず、素人の方にもモデルとして出ていただいて、音楽もモデルに合わせて即興で生演奏してもらう予定です」

「当日は、ファッションショーに参加した方は、プロのフォトグラファーが写真を撮影します。来ていただいた方には、その写真をInstagramなどSNSにアップして盛り上がってほしいと思います

◇シンポジウム概要

「ファッションポジウム―男女の垣根を越えたファッションの未来を考えるシンポジウム―」

開催日 :2018年6月3日(日) 14:00~17:00(予定)
開催地 :東京大学 大講堂(安田講堂)
入場料 :無料 入退場自由
参加対象:誰でも自由に入場可
主催 :ファッションポジウム実行委員会

◇登壇者(五十音順・敬称略)

総 合 司 会:木内みどり(女優)
司    会:安冨歩(東京大学 東洋文化研究所教授)

青井浩(株式会社丸井グループ代表取締役社長)
井上今里(女装メイク師)
陵本望援(株式会社Ones holding company代表取締役)
片岡祐介(打楽器奏者、即興音楽家、作曲家)
清水有高(一月万冊代表)
西原さつき(モデル、女優)
松村智世(ブローレンヂ代表)