NEWS
2018年05月17日 07時09分 JST | 更新 2018年05月17日 07時12分 JST

虐待?病気? 中国の研究施設で目の周りの黒毛が抜けるパンダが相次ぐ

専門家や医師を巻き込んだ論争になっている。

Asahi
目の下の毛が抜け、白くなったパンダの様子を伝える中国国営中央テレビの映像

中国でパンダ虐待疑惑 研究施設、8頭が目の周り脱毛

 中国で「国宝」とも呼ばれるパンダをめぐり、騒動が起きている。目の縁の黒い毛が抜け、白い皮膚が露出したパンダの写真や映像が中国でネット上に出回っているためだ。病気か虐待か。専門家や医師を巻き込んだ論争になっている。

 騒動のきっかけは今年1月、中国・四川省成都市にある「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」でパンダの生育環境が劣悪と「告発」する文章がネット上に投稿されたことだ。投稿では目の周りの毛が抜ける病気にかかったパンダが多くいると指摘。「虐待では」とネットで話題になった。

 これに対し、研究基地は「虐待の事実はない」と否定。ただ一方で、目の周りの毛が抜けたパンダが8頭いると認め、原因を調査していると説明した。

 中国紙・科技日報は今月3日、眼科と皮膚科の著名な専門医が毛の抜けたパンダを診察したと報じた。診察した医師は「人間にも目の周りが白くなる免疫疾患の病気があるが、パンダはこの病気ではなさそうだ」としている。

 騒動から約5カ月。原因は分からず、パンダを気遣う声が今も続いている。(上海=宮嶋加菜子)

(朝日新聞デジタル 2018年05月16日 21時34分)

関連ニュース