NEWS
2018年05月18日 08時45分 JST | 更新 2018年05月18日 08時45分 JST

大学アメフト・タックル負傷問題、日大の監督と部長が関学大選手に直接謝罪へ

「指導と選手の受け取り方に乖離」などと、関学大に回答していたが...

Asahi
日大の内田正人監督

日大アメフト部、監督と部長が関学大選手に直接謝罪へ

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京)で日大の選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大アメフト部は17日、加藤直人部長と内田正人監督が近く、関学大の関係者に謝罪すると発表した。

 内田監督と加藤部長が、タックルを受けて負傷した関学大の選手と保護者、そして関学大アメフト部を訪れ、直接謝罪するという。

(朝日新聞デジタル 2018年05月18日 00時53分)

関連ニュース