NEWS
2018年05月18日 11時41分 JST | 更新 2018年06月08日 19時52分 JST

イニエスタが神戸入団合意、週明けにも会見と報道 三木谷オーナーも意味深ツイート

ファンは期待が膨らみ、発表を待ちきれない様子

アンドレス・イニエスタ選手
AFP/Getty Images
アンドレス・イニエスタ選手

スペイン代表でバルセロナに所属するMFアンドレス・イニエスタ(34)が、J1ヴィッセル神戸に入団することで合意したと、スポーツ報知が5月18日、報じた。

スポーツ報知によると、イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)に発表され、その後、来日して会見が行われる見込み。イニエスタは今季限りでバルセロナを退団することを表明しており、ほかに獲得を噂されていた中国やオーストラリアのクラブとの競争を制した形となった。

バルセロナのスポンサーで、神戸のオーナーでもある楽天・三木谷浩史会長は、一連のイニエスタ獲得報道後、5月16日にサガン鳥栖戦をノエビアスタジアム神戸で観戦。この日、Twitterで、意味深長な発言をしていた。

〇を二つ並べたこの投稿は、イニエスタの背番号8を横に倒したようにも見える。そのため、イニエスタ獲得かと期待する返信が相次いでいた。

5月8日には、スペインのラジオ局「カデナ・セール」が、ヴィッセル神戸との契約期間は3年、年棒は2500万ユーロ(約32億5000万)と報じていた。

バルセロナ公式ホームページによると、イニエスタは、2002年にチームに召集された。バルセロナ時代に欧州チャンピオンズリーグで4度優勝を経験。スペイン代表としても2010年のW杯、2008、2012年の欧州選手権で優勝している世界屈指のMFだ。