NEWS
2018年05月23日 20時17分 JST | 更新 2018年05月23日 23時32分 JST

内田正人前監督、危険タックル騒動で謝罪。会見した選手本人にも「あのような気持ちにさせて反省している」

8時から緊急会見を開きました。

時事通信

日大のアメフト選手の危険タックル問題で、内田正人前監督と井上奨コーチが5月23日午後8時、緊急会見を開いた。

内田前監督は冒頭で、次のように謝罪の言葉を述べた。

「一連の問題について、関西学院大学の怪我をされた選手、選手のお父さんお母さん方、誠に申し訳ございませんでした。関西学院大学アメフトのみなさま、関係者のみなさまに対して、誠に申し訳ありませんでした。そして昨日会見をされた、あのような気持ちにさせてしまった選手の気持ち、非常に私としてしまして、反省している次第です。彼に対しても、指導者として誠に申し訳ありませんでした」

続いて、井上コーチも次のように謝罪の言葉を述べた。

「このたびは、関西学院大学アメフト部の選手、関係者のみなさま、家族の方々、本当に申し訳ございませんでした。そして昨日、あのような形で会見するに至ってしまった選手、家族の方々、本当に申し訳ございませんでした。この件は、私の未熟な指導、未熟な人間性で起こったことだと思っております」