NEWS
2018年05月25日 16時03分 JST | 更新 2018年05月25日 16時03分 JST

危険タックル問題で、日大学長が謝罪 加害選手への支援も表明「全力で貢献したい」

「謝っても謝りきれないような事態を招いてしまった」

日大学長の会見はAbema Newsでも中継された。
Abema News
日大学長の会見はAbema Newsでも中継された。

日大アメフト部の危険タックル問題で5月25日、日大の大塚吉兵衛学長が東京都内で記者会見を開いた。

大塚学長は「学長であります私も、非常に責任を感じております」「謝っても謝りきれないような事態を招いてしまったこと、本当にお詫びしたいと思っております」と発言。被害選手や全国のアメフト関係者、他大学、日大の学生、父兄、生徒らに謝罪の言葉を述べた。

反則行為をしたアメフト部の当該学生については、「ひとり記者会見の場所に立たせてしまった」「責任を痛感している」と発言。「1日も早く学校に戻ってこられるよう、学部が復帰対策を考えている。勉学はもとより卒業の進路まで、我々が全力をあげて貢献したい。力を注いであげたいと考えているところです」と述べた。