NEWS
2018年05月31日 17時55分 JST | 更新 2018年05月31日 17時55分 JST

野田聖子総務相、セクハラ防止策を提案へ 前財務次官の問題「見過ごせない」

「まず防止策として法整備以外に実効性のあるものを取りまとめたい」

朝日新聞社
首相官邸に入る野田聖子総務相=2018年5月31日午前、首相官邸、仙波理撮影

野田氏、セクハラ防止策提案へ 「実効性あるものを」

 野田聖子総務相兼男女共同参画相は31日、安倍晋三首相にセクハラ被害防止策を今国会中に取りまとめる考えを伝えた。首相は財務省の福田淳一・前事務次官によるセクハラ問題を念頭に、「今回の事案は看過できない。やれることを速やかにやってほしい」と指示したという。

 首相官邸での報告後、野田氏が記者団に明らかにした。野田氏は「法律の整備には時間がかかるので、まず防止策として法整備以外に実効性のあるものを取りまとめたい」と語った。

 野田氏は首相に「加害者は官僚だけではなく多くの職域にまたがっていて、当然国会議員も含まれている」と指摘。自民党総裁として所属議員へのセクハラ研修の実施を後押しするよう要請した。首相は「それを含めてしっかり対応していく」と応じたという。(南彰)

(朝日新聞デジタル 2018年05月31日 15時27分)

関連ニュース