NEWS
2018年06月04日 12時56分 JST | 更新 2018年06月08日 19時17分 JST

世界初。人の角膜を3Dプリンターで作ることに成功。しかも10分でできる

角膜を必要としている人に、明るいニュースです

人の角膜を3Dプリンターで作ることに、世界で初めてイギリス・ニューカッスル大学の研究者たちが成功した。

Newcastle University

角膜は目の最も前にある透明な。焦点を合わせるために重要な役割を果たす。怪我や病気で損傷すると、視覚に障害が出て失明する場合もある。

角膜を損傷した場合は移植手術で治療するが、移植できる角膜は慢性的に不足している。ニューカッスル大学によると、世界中で移植手術を待っている人は約1000万人。500万人が角膜の瘢痕(はんこん)が原因で視力を失っている。

3Dプリント技術はこの現状を変える可能性を秘めている上、簡単に作れるという。

ニューカッスル大学の研究者たち考案したのは次のような技術だ。

まず、健康な人の角膜から幹細胞を取ってアルギン酸とコラーゲンを混ぜ、プリント可能なバイオインクを作る。

そのバイオインクを、比較的安価な3Dプリンターで角膜の形にする。合計時間10分ほどでできるという。

Newcastle University

さらに、それぞれの患者に合わせた角膜を作ることが可能だ。患者の目をスキャンしてその情報を3Dプリンターに入力し、同じサイズや形の角膜を作る。

ニューカッスル大学のコノン教授はこう説明する。

「3Dプリントで作った角膜を、これからテストしていきます。実際に移植できるようになるまでに数年かかるでしょう」

「しかし今回の研究で、角膜を3Dプリントでつくるのは可能だということが示されました。世界的な角膜不足を解消する可能性もあります」

一方、イギリスの研究基金「ファイト・フォー・サイト」の研究部長、ニール・エベネザー博士は、革新的な技術の成功を歓迎しつつ、角膜移植はまだ必要だと強調する。

「患者に移植できるようになるまで、まだ数年かかります。忘れてはいけないのは、私たちはまだ角膜の提供を必要としているということです。角膜移植は、角膜を損傷した人にとって視力を回復する贈り物なのです」