NEWS
2018年06月04日 12時34分 JST | 更新 2018年06月04日 12時34分 JST

ディープインパクトの子「スタディーオブマン」がフランスのダービーを制す

別の子、ワグネリアンも日本ダービーで優勝している

朝日新聞社
ディープインパクト=5月9日、北海道安平町で、有吉正徳撮影

ディープの子「スタディーオブマン」仏ダービーを制す

フランス競馬のダービーは3日、シャンティイ競馬場で行われ、ディープインパクトを父に持つスタディーオブマン(牡(おす)3歳)が優勝した。

スタディーオブマンは、母馬が日本でディープインパクトの子をおなかに宿した状態でアイルランドに渡って出産した。フランスで競走馬になり、3戦2勝の成績でダービーに挑んだ。5月27日に行われた日本ダービーでもディープインパクトの子ワグネリアンが優勝しており、同じ年の日仏ダービーをディープインパクト2世が制する快挙が達成された。

2日に行われた英国ダービーでは、同じくディープインパクト産駒のサクソンウォリアーが1番人気に支持されたが4着に終わっていた。

(朝日新聞デジタル 2018年06月04日 09時57分)

関連ニュース