NEWS
2018年06月05日 16時31分 JST | 更新 2018年06月05日 16時45分 JST

「逮捕イコール有罪と誤解生む」物議の痴漢抑止ポスター、愛知県警が撤去

県警のサイト上からも削除されている。

愛知県警のホームページから
痴漢撲滅キャンペーンのポスター

愛知県警鉄道警察隊は6月5日、物議を醸していた2018年度の「痴漢撲滅 キャンペーン」のポスターをすべて撤去すると明らかにした。鉄道警察隊長が取材陣に答えた。すでに撤去を始めており、県警のサイト上からも削除されている。

ポスターは6月から始まったキャンペーンの一環で、弁護士たちから「逮捕イコール有罪という誤解を生む」と批判が上がっていた。

ポスターの内容は「あの人、逮捕されたらしいよ。」という見出しの横に、LINEのような形式で、女性2人の次のようなトークが続いているというものだった。

A「聞いた? あの人、痴漢で捕まったらしいよ。」

B「えwwwwwwwww」

A「本当本当!さっきネットニュースで見た!!そんな人に見えなかったわ」

B「気持ち悪 軽蔑だわ 性犯罪者じゃん」

A「仕事もクビになるよねー。家族も悲しむだろうなあ」

B「そりゃそうだわ 私は一生関わりたくない」

A「この先どうなっちゃうんだろう...」

B「そういえば......私先月あの人と電車で偶然会ったよ」

A「そうなんだ?! 変なことされなかった?」

B「あの時は何もなかったけど」

「なんかもう、あの人のこと思い出したくもない」

A「女性の私たちも被害に遭わないよう気をつけなきゃね」

このポスターがネットで話題になると、弁護士たちからも批判の声が出た。亀石倫子弁護士はハフポスト日本版の取材に対し、次のように指摘していた。

「このポスターの一番の問題点は、逮捕の段階で、すでに裁判で有罪が確定したかのような反応をする表現が、あちこちで使われていることです。説明すると、刑事裁判で有罪が確定するまでは、たとえ逮捕されても『罪を犯していない人』として扱わなければならないのです。これは『無罪推定の原則』と呼ばれ、世界の刑事裁判の大原則です」

「こんなポスターが、県警の痴漢撲滅キャンペーンで使われていれば、多くの人が『逮捕=有罪』だと誤解するし、偏見が強まることを危惧しています」

ハフポスト日本版はポスターについて、愛知県警に取材を申し込んでいる。回答があれば追記する。