これからの経済
2018年06月06日 11時39分 JST | 更新 2018年06月09日 02時08分 JST

ホンダジェットの国内販売がスタート。気になる価格は約5億8000万円

2017年の世界首位になったホンダ製ビジネスジェット、ついに日本上陸

ホンダグループの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の国内販売が始まった。ホンダの子会社「ホンダ・エアクラフト・カンパニー」が6月6日から受注を開始した

Kenji Ando
ホンダジェットの国内販売の記者会見。左から2人目がホンダの八郷隆弘社長。

ホンダジェットは7人乗りの小型機。巡航速度は時速782km、航続距離は2265km。エンジンを主翼の上に置く独特の設計が特徴だ。胴体側にエンジンがあるライバル機と比べて室内空間を広く、騒音も小さい。すでに欧米や東南アジアなどで販売しており、日本で65カ国目になる。

アメリカ航空業界の団体「GAMA」の統計によると、2017年の小型ビジネスジェット機の納入数で世界第1位となっていた。

■気になる価格は?

一般向けの販売やサポートはホンダではなく、丸紅エアロスペースが「ホンダジェット・ジャパン」を設立して代行する。機体の納入開始は、2019年前半を目指す。

国内では、既存機の性能を向上させた、最新型の「ホンダジェット・エリート」を販売する。気になる価格は2018年度現在で525万ドル(約5億8000万円)。国内84カ所の空港で使え、航続距離の長さから全国をカバーできるほか、東京からソウル、北京、台北など東アジアの主要都市までノンストップ飛行できるという。

同日に都内で開かれた記者会見でホンダの八郷隆弘社長は「ホンダのホームマーケットである日本で、多くのお客様からホンダジェットを導入して欲しいという意見がありました。我々としても絶対に持ってきたいという思いを込めて、日本に持ってきました。ホンダは、こういうものを作っているんだというのを日本でも理解していただき、(新しい分野に)チャレンジしている姿を見せたいという思いもありまして、今回の導入ということになりました」とコメントした。

日本は欧米と違って、富裕層がビジネスジェットを利用する機会は少ないが、ホンダジェットが起爆剤になるのか注目される。

【訂正】当初、価格を250万ドル(2億7000万円)としていましたが、正確には525万ドル(約5億8000万円)でした。(2018/6/6 12:34)