WORLD
2018年06月06日 12時47分 JST | 更新 2018年06月06日 12時48分 JST

お前なんか「いない方がマシ」実子が出した衝撃のお悔やみ広告、全米で物議

衝撃的すぎて、賛否両論

アメリカ・ミネソタ州の新聞「レッドウッド・フォールス・ガゼット」に掲載された、お悔やみ広告が物議を醸している。

注目を集めているのは、ミネソタ州ワバッソ生まれのキャスリーン・ダムロウさんの死亡広告。キャスリーンさんは5月31日、同州のスプリングフィールドで亡くなった。80歳だった。

5日後の6月4日に、紙面とウェブに掲載されたのがこの広告だ。

キャスリーン・ダムロウ(旧姓:シュンク)は1938年3月19日、ワバッソでジョセフとガートルード・シュンクの間に生まれた。

ワバッソにあるセント・アンズで、デニス・ダムロウと1957年に結婚。ジーナとジェイの二人の子供をもうけた。

1962年、夫のきょうだいライル・ダムロウの子を妊娠し、カリフォルニアに転居した。

ジーナとジェイは置き去りに。2人はキャスリーンの両親であるシュンク夫妻に育てられる。

キャスリーンは2018年5月31日にスプリングフィールドで死去、ついに裁きを受ける時がきた。ジーナとジェイが彼女の死を悲しむことはない。キャスリーンがいない方が、世界はよりマシなものになる。2人はそう考えている。

通常、お悔やみ広告に書かれるのは、亡くなった人が人生で成し遂げたことや、本人にとって重要な出来事。

しかし、キャスリーンさんの広告に書かれているのは、メロドラマのような人生と彼女に対する厳しい批判だ。

ソーシャルメディア上では「全ての人は死後に尊厳を持って扱われるべき」といった批判のがある一方で、「本当のことを書くのに勇気が必要だったはず。亡くなったからといって、その人が聖人になるわけじゃない。虐待された子どもが、ひどい親を許さなければいけないというルールはない」と、かばう意見もある。

死亡広告を掲載したレッドウッド・フォールス・ガゼットに対する批判も多く、同紙は掲載翌日にウェブサイトから広告を削除した。

同紙のゼネラル・マネジャー、リサ・ドラフォール氏によると、死亡広告はキャスリーンさんの家族がお金を出して掲載した。

■ 人生はそんなに単純じゃない

本人は公表したくなかったであろう出来事を、死後に多くの人に知られてしまったキャスリーンさん。親戚のドゥワイト・ダムロウさんは、そんなキャスリーンさんを擁護する。

彼はミネアポリス・スター・トリビューン紙に、お悔やみ広告に書かれていることは事実だが、省かれていることがたくさんあると語った。

「残念なのは、このお悔やみ広告に反論できないことです。実際には書かれている以上のことがあったのです。そんなに単純な話ではありません」

キャスリーンさんは晩年を老人ホームで過ごし、亡くなった時は彼女の姉妹が付き添っていたという。

「彼女は60年前に間違いを犯しました。しかし、間違いを犯さない人なんているでしょうか?。自分のやったことを後悔したかって?ええ、悔やんでいました」