NEWS
2018年06月07日 13時57分 JST | 更新 2018年06月07日 14時00分 JST

ハワイ最大の淡水湖が数時間で蒸発 キラウエア火山のマグマが流れ込む

「こんなことが起きるなんて信じられない」

2018年6月5日撮影
Terray Sylvester / Reuters
2018年6月5日撮影

大規模な噴火活動が続いているアメリカ・ハワイ島のキラウエア火山の溶岩が、同州最大の淡水湖「グリーンレイク」に流れ込み、数時間以内で湖水が全て蒸発した。CNNなどが伝えた。

最初に、湖から蒸気があがったのは6月2日の午前10時ごろ。その後、同日午後3時にはハワイ郡の消防署が、湖は溶岩で満たされ、水がなくなっていると確認したと米国地質調査機関に伝えた。

FORTUNEによると、グリーンレイクは水深約200フィート(60メートル)の淡水湖。400年前にできたとされる。観光客や地元の人々に人気の遊泳スポットだった。

ハワイコミュニティカレッジのドリュー・カップ氏は「こんなことが起きるなんて信じられない」「今までに同様のことが起きたと聞いたこともない」とコメントした。

キラウエア火山の大規模噴火は5月3日に始まり、これまでに火山灰が上空9100メートルに達する爆発的な噴火も発生した

住民は避難を命じられるなど、生活や観光に大きな影響が出ている。