WORLD
2018年06月11日 12時39分 JST | 更新 2018年06月11日 12時39分 JST

G7で亀裂が浮き彫り。トランプ氏、首脳宣言を「承認しない」

一度はトランプ氏も賛同した上で首脳宣言をまとめたが…

Jonathan Ernst / Reuters
G7サミットを終え、シンガポールへ向かうアメリカのトランプ大統領=9日、カナダ東部ケベック州のバゴットビル空軍基地

閉幕直後にトランプ氏「承認しない」 G7亀裂浮き彫り

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日、「保護主義と闘い続ける」とうたい、北朝鮮の非核化を求める首脳宣言をまとめて閉幕したが、閉幕直後にトランプ米大統領がツイッターで「宣言を承認しないよう指示した」と表明する異例の事態となった。通商問題をめぐるG7の亀裂があらためて浮き彫りになった。

 カナダ東部のシャルルボワで開かれた今回のG7は、米国が欧州連合(EU)やカナダへの高関税措置に踏み切った直後に開幕。通商やイラン問題のほか、トランプ氏が開幕日の朝に突如持ち出したロシアのサミット再加入の是非も論点となった。米政権と6カ国との対立が目立ったものの、激しい議論の末、一度はトランプ氏も賛同した上で首脳宣言をまとめた。

 議長国カナダのトルドー首相は終了後の記者会見で、サミットは「間違いなく成功」と強調する一方、米国による高関税措置について「カナダを侮辱するものだ」と批判した。従来も使っていた表現だが、これがトランプ氏を刺激した。

(朝日新聞デジタル 2018年06月11日 11時28分)

関連ニュース