NEWS
2018年06月12日 10時51分 JST | 更新 2018年06月12日 10時51分 JST

シャンシャンが1歳に すくすく28キロに成長

上野で産声をあげ、順調に育ったのは30年ぶり

朝日新聞社
設置されたばかりのハンモックで遊ぶシャンシャン=2018年6月11日午前、東京都台東区の上野動物園、山本裕之撮影

シャンシャン、12日に1歳 すくすく28キロに成長

 東京・上野動物園のメスのジャイアントパンダ、シャンシャン(香香)が、12日で1歳になる。上野で産声をあげ、順調に育ったのは1988年のユウユウ(悠悠)以来、30年ぶりだ。その愛らしい姿に人だかりは絶えず、地元・上野の街はなおも沸いている。

 誕生日を前にした11日朝、報道陣に公開されたシャンシャンはこの日初めて設置されたハンモックに興味津々の様子で、体を沈めて揺らすなど、活発に遊んでいた。

 ふだんから木に登ったり水浴びしたりと、自由気ままに動き回るシャンシャン。木の上で寝ていることもあり、「外敵に襲われないための本能が表れてきた」と副園長の渡部浩文さんは話す。

 飼育員や多くのファンに見守られながら、シャンシャンはすくすくと育ってきた。生後2日目で147グラムだった体重は、今月5日で28・2キロに。母親シンシン(真真)の4分の1ほどになった。主な栄養源は母乳だが、先月は小さく切ったリンゴを歯で削るように食べ、タケノコもかじるなど、1歳半~2歳で迎える親離れに向けて少しずつ離乳が進んでいる。

(朝日新聞デジタル 2018年06月12日 00時27分)

関連ニュース