NEWS
2018年06月12日 11時24分 JST | 更新 2018年06月12日 11時24分 JST

首脳会談の島、「警察の指示に従え」の文字 ホテル付近には100人超の警官

史上初の米朝首脳会談、開催の島で…

朝日新聞社
地図

「警察の指示に従え」 首脳会談の島、100人超が厳戒

 史上初の米朝首脳会談に臨むトランプ米大統領、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長を乗せた車列が12日朝、相次いで、会談が開かれるシンガポール・セントーサ島に到着した。

 マレー語で「平和」「静けさ」を意味するセントーサ島は、薄暗いうちから厳戒態勢が敷かれた。会談場所となるカペラホテルの入り口に向かう車道には車両の検問所が設けられ、近くに掲げられた看板には、自動小銃を提げた警察官のイラストと「警察の指示に従え」との文字がある。

 カペラホテル周辺では100人を超える警官らが目を光らせ、報道陣はホテルの入り口から数百メートル先の歩道からのみ取材が認められた。300人近いメディア関係者が集まり、「歴史的なサミットが開かれる」などと中継。制服姿の警官らが報道陣に向き合って2メートル間隔で立った。

(朝日新聞デジタル 2018年06月12日 10時52分)

関連ニュース