NEWS
2018年06月13日 15時17分 JST | 更新 2018年06月13日 15時17分 JST

ゲームバー経営者を逮捕 客に「ニンテンドースイッチ」などで遊ばせた疑い

「ゲームやり放題」などとうたっていた

朝日新聞社
押収されたゲームソフトやテレビモニター=2018年6月13日午前11時11分、神戸市中央区の生田署

ゲームバー摘発、兵庫でも 著作権法違反容疑で逮捕

 人気の家庭用ゲームを飲食店内に置き、著作権者の許諾を得ずに不特定多数の客に遊ばせていたとして、兵庫県警などは13日、神戸市で「ゲームバー」を経営する金山弘典容疑者(31)=同市中央区=を著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 生活経済課によると、金山容疑者は4月13~24日、ゲームバー「ファナティー神戸三宮」「エクルイット」の両店舗で4回、任天堂のゲームソフト「スプラトゥーン2」などで客に遊ばせるため、無断で「ニンテンドースイッチ」などのゲーム機器を置き、ゲーム画面をテレビモニターに映し出した疑いがある。2店舗では、1時間1500円で酒や菓子を提供し、「ゲームやり放題」などとうたっていたという。

(朝日新聞デジタル 2018年06月13日 13時16分)

関連ニュース