NEWS
2018年06月13日 16時20分 JST | 更新 2018年06月13日 16時21分 JST

貴乃花親方の長男、花田優一さん。靴作りで世界デビュー

「僕は僕の道で生き、成功したい」などと語った

朝日新聞社
「僕にしか出来ないことを追い求めたい」と語る花田優一さん=12日、イタリア・フィレンツェ、後藤洋平撮影

貴乃花親方の長男、靴作りで世界デビュー「僕は僕の道」

 大相撲・貴乃花親方の長男で、靴職人の花田優一さん(22)が、イタリア・フィレンツェで開かれている世界最大級の紳士服展示会「ピッティ・ウオモ」に初めて参加している。新参ながら、一流のイタリアブランドが入るメイン棟の一角に靴を展示する異例の待遇だ。朝日新聞の取材に対し、「成功者の父は男として尊敬している。でも僕は僕の道で生き、成功したい」などと語った。

 花田さんのブランド「ユウイチ・ハナダ」は東京都内に工房を構え、完全受注生産の靴を作っている。花田さんは18歳から20歳までフィレンツェで靴作りの修業をした経験があり、ピッティへの出展を決めたという。「イタリア人の師匠もフィレンツェに住んでおり、世界への一歩としては、ここが帰るべき場所だと思った」と話した。

 今後、ミラノでの展示会に参加することなども構想中。靴の作り手は花田さん1人だが、将来は職人の数を増やし、よりたくさんの靴を作る態勢を整えたいという。

(朝日新聞デジタル 2018年06月13日 15時48分)

関連ニュース