アート&カルチャー
2018年06月24日 08時45分 JST | 更新 2018年06月24日 08時45分 JST

Hey! Say! JUMP・岡本圭人、9月からアメリカ留学。グループ活動は休止「自分を変えなければ」

岡本は8月中旬以降に渡米し9月の始業から2年間、芝居や音楽の勉学に励む予定だという。

コンサートのイメージ画像
Getty Images/iStockphoto
コンサートのイメージ画像

Hey! Say! JUMP・岡本圭人、9月から米留学へ グループ活動一時休止「自分を変えなければ」

人気グループ・Hey! Say! JUMP岡本圭人(25)が、9月から米国の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校へ留学するため、8月末日よりグループの活動を一時休止することが23日、わかった。所属するジャニーズ事務所によると、岡本は8月中旬以降に渡米し9月の始業から2年間、芝居や音楽の勉学に励む予定としている。

同事務所は「この度、弊社所属の岡本圭人が、米国の2年制演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ【THE AMERICAN ACADEMY OF DRAMATIC ARTS】』(ニューヨーク校)に留学することになりましたのでお知らせいたします」と明かした。

事務所およびHey! Say! JUMPのメンバーは、3月に岡本より留学志望の申し出を受け、本人を含め協議を重ねてきたという。その結果、メンバーと岡本は「自分たちは命がけでHey! Say! JUMPを守り、大きなグループにするから、圭人は戻る場所はないというぐらいの覚悟を持って、学んできてほしい」との約束を交わし、前向きに送り出すという結論に至ったと説明している。

留学とグループ活動休止に際し、岡本自身もコメントを発表。先般、通っていた大学を退学したと一部メディアで報じられていたが、「自分を見つめ直したときに、芸能活動を始めるにあたって掲げた『仕事と学問の両立』という目標を達成することができなかったことに悔しさを感じました」と吐露。その上で「自分に甘い岡本圭人のままではグループの力になることはできないと感じ、『自分を変えなければならない。そのためにも今は学ぶことに専念するべきだ』という想いを強く抱くようになりました」と決意を固めた。

また、岡本の決断に理解を示してくれたメンバーに対しても「感謝の言葉しかありません」と語っており、留学について「芝居と音楽を一から学びながら、イギリス留学で身に着けた語学により一層磨きをかけ、人間的にもタレントとしても成長できるように勉強してきます。そして、"未来のHey! Say! JUMP"にふさわしい人間になれるように頑張ってきますので楽しみに待っていてください」と力強くファンに呼びかけた。

Hey! Say! JUMPは、山田涼介(25)、知念侑李(24)、中島裕翔(24)、岡本圭人(25)、有岡大貴(27)、高木雄也(28)、伊野尾慧(28)、八乙女光(27)、薮宏太(28)による9人組。2007年11月、シングル「Ultra Music Power」でメジャーデビューし、オリコンランキング1位を獲得。昨年、結成10周年を迎え、年末の三大ドームツアーを開催したほか、『第68回 NHK紅白歌合戦』への初出場も果たした。

【関連記事】