特集
2018年07月06日 18時24分 JST | 更新 2018年07月06日 18時30分 JST

ローラ、現在の体重を公表 でも「わたしは体重は気にしないんだ」

体重を気にしない、と宣言したローラに共感する声が寄せられている。

ローラ
Stefanie Keenan via Getty Images
ローラ

モデルのローラが7月5日、Instagramで現在の体重を明かした。

6月にワークアウト専用のInstagramアカウントを開設したローラ。日々のトレーニングや食事の様子を公開しているが、5日に「49.7kg」と示された体重計の写真を投稿。

「わたしは体重は気にしないんだ♪ どんなお食事をしてどのくらいの運動をするのかで見た目にでるからね!」と切り出し、目標の体重は「165cm50kg代がいいかなぁ」(原文ママ)とつづっている。

ローラが明かした現在の「身長165cm、体重49.7kg」の場合、肥満度を示す体格指数(BMI)は18.26だ。

世界保健機関(WHO)のガイドラインでは、BMIが18.5以上25.0未満を標準体重、18.5未満は低体重としているため、これは「低体重(痩せ)」の領域に入る。

ローラは、体重を増やす意欲を見せていることから、「標準体重」内で自分に合った身体づくりに励んでいるのかもしれない。

コメント欄には、「やっぱり自分に合った健康的な体型や身体にしたいですよね。すごくいい考えを発信してくださいました」、「モデルさんとか細すぎる方多いからその考えすごく共感します」など、体重を気にしない、と宣言したローラに共感する声が寄せられている。

 ◇

日本女性の「痩せ願望」は根強い。2017年に発表された「国民健康・栄養調査」によると、20代の若い女性で「痩せ」の割合は20%台(5~4人に1人)と続いている傾向にある。

しかし近年は、体型の多様性を受け入れるムーブメントが海外を中心に広がっている。

極端に痩せているモデルの活動を問題視する声も出ている。ファッションの中心地フランスでは、モデルのBMIが低すぎず、健康体であることを証明する医師の診断書提出を義務付ける法律が施行された

人気モデルが女性たちに与える影響力は大きい。海外の動きに合わせて、今回のローラのように、健康的なカラダのあり方を発信していくファッションリーダーは、今後増えていくかもしれない。

Looking for coconut water and a shot💚I think I found a good one😝

Rola's Workoutさん(@workout_330)がシェアした投稿 -

ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen#もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp