NEWS
2018年07月05日 14時44分 JST | 更新 2018年07月05日 14時44分 JST

EXILE所属事務所の「LDH JAPAN」、3億円の申告漏れ

飲食費の一部が経費に当たらないなどと判断されたという。

時事通信
芸能プロダクションLDHに所属するEXILE=2015年3月、都内

EXILE所属事務所が3億円申告漏れ 東京国税局指摘

 人気グループ「EXILE(エグザイル)」などが所属する芸能プロダクション「LDH JAPAN」(東京都目黒区)が東京国税局の税務調査を受け、2017年3月期までの4年間で約3億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。飲食費の一部が経費に当たらないなどと判断されたという。追徴税額は約6千万円とみられ、すでに修正申告したという。

 関係者によると、ツアー関連費として計上した費用の一部が、実際には打ち上げにかかる接待会食費で、交際費として認められる上限を超えていたほか、海外の関連会社に支払った業務委託費の計上時期の誤りなどを指摘されたという。

 同社は「一部の費用計上に関して国税当局と見解の相違があった。所得隠しのような意図的な行為は一切ない」とコメントしている。同社は03年設立。前社名の「LDH」だった09年3月期までの2年間に1億数千万円の所得隠しを同国税局から指摘されたことがある。

(朝日新聞デジタル 2018年07月05日 13時04分)

関連ニュース