NEWS
2018年07月09日 13時09分 JST | 更新 2018年07月09日 13時09分 JST

中尾翔太さんへ…EXILEメンバーらが追悼のメッセージ。 HIRO「翔太の生きた証は 永遠に残ります」

死去の2週間前に会っていたATSUSHI「何もしてあげられなかったことが悔しくて」

中尾翔太さんのプロフィール写真
LDH公式サイトより
中尾翔太さんのプロフィール写真

胃がんで活動を休止し、7月6日に亡くなったLDH JAPAN所属のFANTASTICSのメンバーである中尾翔太さん。22歳で夢半ばで人生を断たれた彼に向け、公式ホームページや、モバイルページ上でEXILEやLDH JAPAN所属のメンバーがコメントを発表した。

「翔太の気持ちの強さで元気を取り戻していく姿を見ていたので、僕はこのまま元気になり、また一緒に踊ったり、飲んだり、遊んだりできるのではないかと本気で思っていた」という関口メンディーさんは、訃報を聞き「とてもじゃないけれど、信じられませんでした」とつづった。

亡くなった日、FANTASTICSの寮に戻った中尾さんに対面。彼の部屋にはたくさんの寄せ書きやメッセージがあったという。

先月に中尾さんに会ったというATSUSHIさん。その時、中尾さんは「ギリギリ話すこともできないくらいの状態で、お母様とスタッフに肩をかりて歩くのが精一杯の状態」。言葉を失い、「翔太また、ご飯行こうなぁ」とだけ声をかけたという。

そのわずか2週間後の訃報に「何より先輩として、何もしてあげられなかったことが悔しくて、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました」と思いを寄せた。

HIROさんは、グループメンバーと交わしていたLINEのメッセージで、いつもポジティブなメッセージを送っていた中尾さんを振り返り「翔太の生きた証は、永遠に残ります。そして僕らはその、翔太の夢をこれからも翔太と共に叶えていきたいと思います」とコメントした。

メンバーメッセージ全文

【HIROさん】

時事通信
HIROさん

皆さん既にご存知かと思いますが、先ほどLDH JAPANから悲しいお知らせがありました。
今月6日、闘病生活の末、中尾翔太が息を引き取りました。

本当に辛く、悲しく悔しい気持ちでいっぱいです。
この数カ月、凄まじく辛い状況にも関わらず最後まで諦めずに、毎日、毎日力を振り絞り、病気と闘っていた翔太の姿は本当に凄かったですし強く勇ましい彼を心から尊敬しています。

毎日更新されるFANTASTICSメンバーと僕とのグループLINEの中でも、翔太は最後まで明るく元気に振る舞い
『必ず勝ってメンバーとパフォーマンスするので待っていてください...』
『パワーを送ってくれてありがとうございます。今日も気合いで頑張ります...』
いつもポジティブなメッセージを僕らにも発信し続けてくれました。
本当に優しい人だし、良い子なんだと改めてこの数ヶ月で沢山の事を感じました。

1つ1つの言動、文章からも沢山の翔太の魅力が伝わってきていたように思います。
メンバー全員が一緒にLIVEでパフォーマンス出来る事をイメージしながら、翔太らしい文章で絵文字などもまぜ、逆に僕らを励ましてくれていたようにも思います。

大好きなダンスを、大好きなメンバーと、大好きなファンの皆さんの前でパフォーマンスすることを、毎日繰り返してイメージしていました。
ファンの皆さんとの最高のLIVEを想像し、EXILE TRIBEの一員としての誇りを常に持ち、過酷な状況に立ち向かっていたように思います。

本当に残念であり、無念でもありますが、彼の生き様、彼の言動、彼の勇気に対して
改めて心から敬意を表したいと思います。
翔太が大好きだったFANTASTICSメンバー、EXILE TRIBEの仲間達。
そしてFANTASTICSのファンの皆さんに対して翔太の想いが届くように、
これからのFANTASTICSの未来に、翔太の生きた証、そして翔太の想い、翔太のイメージが伝わっていくように...
僕自身は、翔太との出会いを大切にし、翔太の生き様を証明していきたいと思います。

また、最後まで一緒に闘ってくれていた翔太のお母さんにも敬意を表し、翔太の生きた証、翔太の夢や想いを、お母さんの夢として、これからもお母さんの想いを応援し続け、翔太に喜んでもらいたいと思います。

そして治療に関わっていただいた先生方にも、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

翔太!!

翔太の生きた証は、永遠に残ります。
そして僕らはその、翔太の夢をこれからも翔太と共に叶えていきたいと思います。
本当に辛く悔しかったかと思いますが、今はゆっくり休んでください。

頑張っていた翔太の想いは、必ず届きますし、僕らの中には確固たる翔太が存在します。
本当に本当にお疲れ様でした。

そして翔太に、出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
あとは僕らが翔太の夢を受け継ぎ繋いでいき、翔太の夢を必ず叶えます。
しっかりと見ていてくださいね。

本当に心から、お疲れ様でした。

【ATSUSHIさん】

時事通信
ATSUSHIさん

僕らのEXILE TRIBEの仲間である、FANTASTICSの中尾翔太が、この世を去ってしまいました。

奇しくもその日は、EXILE復活初のテレビパフォーマンスとなるミュージックステーションへ生出演する日の朝でした。

正直、僕と翔太との関係性は、何度かFANTASTICSのメンバーみんなと食事会を開いて、楽しく話すことがあったくらいでしたが、EXILEメンバーでもある世界と大樹の苦悩している姿を見ていたので、ずっと他人事には思えませんでした。

しかし、長い間命に関わる状況でしたので、僕にできることは、せめてもの短いLINEを送ることと、御守りになるものを送ること、そして祈りを捧げることくらいしかありませんでした。

翔太が亡くなる2週間前くらいに、ある場所で偶然に会うことができましたが、その時の翔太はひどく痩せてしまっていて、それでも懸命に闘って生きていて、目が諦めていなく、まだまだ明日の希望を見つめているように、僕には感じられました。

それでも彼は、ギリギリ話すこともできないくらいの状態で、お母様とスタッフに肩をかりて歩くのが精一杯の状態でした。僕は言葉を失い、少し考えて

"翔太また、ご飯行こうなぁ。"

その言葉だけをかけてその場を後にしました。

それから約2週間後に、このような悲しい結末になってしまい、ミュージックステーションの生放送終わりで、お焼香ができる状況であると聞き、その足で翔太の眠っている場所に向かいました。

今まで亡骸を長い時間見つめることが怖かったのですが、なぜか彼の亡骸をただ呆然と立ち尽くし、見つめてあげることしかできませんでした。

もう、がんばれという言葉も意味をなさない現実に言葉を失いました。

生きてるって当たり前じゃないんだなと感じました。

そして何より先輩として、何もしてあげられなかったことが悔しくて、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

そんな気持ちで、お焼香させていただきました。

いよいよデビューできるかもしれないという、夢と希望がいっぱいの中、夢半ばでこんなことになってしまって、悔しかっただろうし、辛かっただろうし、苦しかっただろうし...。

今僕らにできることは、翔太のご冥福をお祈りすること。

そしてFANTASTICSが翔太の魂を、夢の舞台へ連れて行ってあげることなのかもしれません。

そのためにも世界、大樹をはじめ、FANTASTICSメンバーを、先輩として導いてあげられればと、今はそう思っています。

本当に悔しい気持ちでいっぱいですが、少しずつ現実を受け止め、LDHのスタッフも含めて、全員で翔太の想いを感じながら、少しずつでも前に進んでいければという気持ちです。

【TAKAHIROさん】

時事通信
TAKAHIROさん

7月6日に、FANTASTICSの中尾翔太くんが天国に旅立ちました。

悲しいお知らせに、きっと皆さん愕然とされてると思いますが、僕もその一人です。

あの若さで、誰しもが受け入れ難い病気という現実から目を背けることなく
まっこうから向き合い、想像もつかないほどの苦しみや痛みに耐え忍び、闘い、最後まで力強く生き抜いた翔太。

本当に、心から誇りに思います。

これからも翔太の魂を感じながら、想いを共に、心を込めて歌い続けたいと思います。

翔太への温かい応援、たくさんのメッセージ、本当にありがとうございました。

改めまして、心よりご冥福をお祈りいたします。

【TETSUYAさん】

時事通信
TETSUYAさん

翔太は頑張りました。

辛い闘病生活をしっかりと闘い抜いて、安らかに天国へ行ってしまった事は、寂しくて悔しくて、うまく言葉に出来ませんが、同じダンサーとして、ファミリーとして、心から尊敬しております。

翔太の分まで、これからも踊ろうと強く思いますし、いつかまた必ず一緒に踊りたいです!

たくさんの皆様からの、温かいメッセージは、きっと翔太に届いていると思います。

翔太の御冥福を心からお祈り申し上げます。

翔太

ゆっくり休んでください。

強い気持ちと勇気を、本当にありがとうございました。

【松本利夫さん】

時事通信
松本利夫さん

もうご存知かと思いますが、6日の朝、中尾翔太が旅立ちました。
病との闘いから必ず復活する事を信じていたので、突然の訃報に、本当に残念でなりません。

LINEでも、頑張れ!!と連絡をし、翔太からも「気合い入れて治して、絶対にまた踊れるように頑張ります」という力強い想いの言葉がありました。

その夢が叶わず、本当に悔しいです。
本当に辛く、大変だった病との闘いだったと思います。

ご家族の事を考えると、言葉にする事も出来ませんが...
翔太の想いを背負い、これからも翔太の夢と共に、頑張ろうと思います。

翔太

本当にお疲れ様。
ゆっくり休んで下さい。

【NAOTOさん】

時事通信
NAOTOさん

中尾翔太を応援していただいている皆様へ

先日僕達の仲間である中尾翔太が闘病生活のうえ天国へと旅立ちました。
まず、ずっと翔太の事を支えて下さった皆様本当にありがとうございます。皆様の声や力は必ず翔太に届いていたと思います。

闘病中にも何度も翔太と会ったり話しをしましたが、いつも翔太は前向きで夢を語り、逆に自分が勇気をもらってしまうほど強い男でした。

彼を失った今、深い悲しみと喪失感の中でまだその現実を受け入れきれていないのが本音です。

ただ翔太の仲間である以上、翔太の意思を受け継いで彼が叶えたかった夢、見たかった景色、それを一緒に叶えて見に行きたいと思います。それが自分達の中で翔太が生き続けていくという意味だと思います。

翔太本当にお疲れ様。

安らかに眠って下さい。

【SHOKICHIさん】

時事通信
SHOKICHIさん

SHOKICHI です。

皆様もご存知のことと思いますが、闘病中だった中尾翔太が7月6日に残念ながら永眠致しました。

僕らも翔太の復帰を信じ、いつかステージで共にパフォーマンスする事を願っていましたが本当に残念で仕方がないです。

ですが、本当に前向きに、必死に病気と闘い抜いた翔太を今は讃えたく思います。

また6日の夜、翔太に会ってきまして
これからも翔太の想いと共に未来に向かっていく事を誓いました。

今までLDHの仲間を失うという経験は過去にはなく、僕らも深い悲しみにつつまれてはいますが、翔太の魂は永遠にFANTASTICSそしてLDHにあると思いますので、翔太の分も頑張っていきたいと思います。

ファンの皆様にとってもとても悲しい出来事とお察ししますが、これからもどうか翔太が属するFANTASTICSの応援をよろしくお願い致します。

心からご冥福をお祈り致します。

【岩田剛典さん】

時事通信
岩田剛典さん

ニュースで知ったという方々もいらっしゃるかと思いますが、病と闘い続けていた中尾翔太が、天国に旅立ちました。
22歳というあまりにも早く、残酷な現実に自分もショックで言葉を失いました。

残念でなりません。

翔太との出会いは翔太が11歳か12歳の頃、アンダーグラウンドシーンでダンスをしていた頃に知り合いました。
同じ名古屋出身で、同じクランプというジャンルが好きだった彼はキッズ時代から群を抜いてセンスと才能がありました。

それから何度かダンスセッションをしたりEX SHOWのステージも一緒に立ったりと、、

彼のアーティストデビューという夢への努力をそばで見てきて、キッズ時代からずっとライバルだった同世代のレオが先にアーティストデビューしたり、彼なりに色んな挫折もあったんだと察しています。

それでもへこたれず、諦めずについに掴んだのがFANTASTICSという夢の場所だったんだと思います。

僕はそんな彼に対しては、FANTASTICSのメンバーの中でも思い入れが違いました。

ちょうどひと月ほど前も、連ドラがクランクアップした次の日にお見舞いに伺ったのですが、
その時もいま1番の娯楽はテレビでLDHメンバーが活躍する姿を観れることだと言っていて、
何より『崖っぷちホテル!』を毎週楽しみにしてくれていると言ってくれました。

彼の声は
自分にエンタテインメントの世界で生きる意義を改めて気付かさせてくれました。

その時も翔太は弱音は一切吐くことなく、
必ず復帰してみんなと一緒にステージで踊ります。
と自分をまっすぐな眼差しで見つめ、力強く話してくれました。

痩せてしまったその身体つきからは考えられないような強靭なハートで最後の最後まで戦い抜いた翔太に、心の底からのリスペクトの気持ちでいっぱいです。

そんな彼は今、別の場所に旅立ちましたが、彼の想いや魂を胸に、彼が生きた証をEXILE TRIBEの看板を背負うメンバーとして、また1人の人間として全うしていこうと思います。

翔太のことを応援していただいたファンの皆さま、本当に応援ありがとうございました。

翔太には安らかに眠ってほしいとただ願うばかりです。

【ÜSAさん】

時事通信
ÜSAさん

僕らの仲間、FANTASTICSの中尾翔太が天国へと旅立ちました。

とても 悲しく、悔しい気持ちでいっぱいです。

翔太とは、昨年のDANCE EARTH FESTIVALのステージでFANTASTICSパフォーマーとコラボして踊ったり、Rising Sun Project、EXILE CUPなどでも、一緒に活動してきました。

闘病中も挫けることなく、絶対にステージで踊れるように、EXILE魂を持って頑張りますと、
強く生きた翔太に心から尊敬の念を抱いております。

そんな、彼の強い生き様から
僕らは勇気とパワーをたくさん頂きました。

これからも
FANTASTICS、そして、僕らは翔太の魂や夢を胸に
ずっと一緒に夢を叶えていけるように、強く生きていこうと思います。

翔太 どうか安らかに眠ってください。
心から ご冥福をお祈りいたします。

これまで、励ましの言葉や、応援してくださった皆様、心から感謝の気持ちを申し上げます。

【関口メンディーさん】

時事通信
関口メンディーさん

7月6日、翔太が闘病の末、息を引き取りました。

正直、最初ご連絡を頂いたときは事態が飲み込めず、どうしたらいいか分かりませんでした。

翔太の気持ちの強さで元気を取り戻していく姿を見ていたので、僕はこのまま元気になり、また一緒に踊ったり、飲んだり、遊んだりできるのではないかと本気で思っていたので、とてもじゃないけれど、信じられませんでした。

6日、Mステのパフォーマンスが終わった後、FANTASTICSの寮に翔太が帰ってきていたので、会いに行かせて頂きました。

最後まで自分と向き合い、自分を信じ、またFANTASTICSのみんなと踊るため、皆さんに元気な姿を見せるために闘病した翔太の表情は、僕には凄く勇敢に見えました。

部屋にはたくさんの寄せ書きやメッセージがあり、翔太の人の良さ、どれだけ彼が周りから愛されているのか実感させられました。

そんな彼からのメッセージをしっかり受け止め、僕も前に進んでいきたいと思います。

"世の中に絶対はない"

当たり前のことが当たり前にできることの喜びを感じ、後悔のないように、翔太の分まで、一日一日を一生懸命に生きていきたいと思います。

翔太、本当にお疲れさま。

次会うときはまたゆっくり乾杯しようね。

【白濱亜嵐さん】

時事通信
白濱亜嵐さん

7月6日

僕達の大切な仲間である翔太が天国へ旅立ちました。

翔太は僕達の夢者修行も観に来てくれたり、FANTASTICSのメンバーとなってからはGENERATIONSのツアーに帯同してくれたり、MVにも参加してもらったりと一緒に夢を追っていました。

いつも全力なパフォーマンスで
人としても優しさに溢れた翔太。

お見舞いに行った時は辛い顔を一つも見せず
FANTASTICSとGENERATIONSでたわいもない話をして笑ったり、早く元気になってまた一緒にパフォーマンスしようと話したりしていました。
それが自分にとって最後の翔太の姿でした。

もっと一緒に踊って一緒に夢を追いたかった。

大きなステージでFANTASTICSとして
踊る翔太をもっと見たかった。

必ず病気に勝って復帰すると信じていたので
とても悔しいです。

何度辛い状況になっても僕達を驚かすような力で
乗り越えてきました。

翔太は最後の最後まで本気で戻ってくると信じて力強く闘い抜いたと思います。
そんな彼を僕は仲間としてとても誇らしく感じます。

残念ながら翔太は旅立ってしまいましたが
魂は僕達の胸にあり、これからも輝き続けます。

そして、翔太が思い描いた夢はFANTASTICSのみんなが翔太の想いを背負って必ず叶えてくれると思います。
僕自身も翔太の分まで踊り続けたいと思います。

翔太!

またいつかみんなで一緒に踊ろう。

【橘ケンチさん】

時事通信
橘ケンチさん

残念な知らせを受けて、とても悲しい気持ちです。

きっとまだやりたいことはたくさんあったはず。翔太くんの夢はFANTASTICSメンバーが絶対にこれから叶えていってくれると思います。僕も精一杯応援していきます。

闘病生活きっと大変だったかと思いますが、翔太くんが前向きに頑張っているという話をいつも聞いていました。

本当にお疲れ様でした。

翔太くんのこれまで生きてきた証が、一人でも多くの方の胸に残り続けることを願い、ご冥福をお祈り致します。

【黒木啓司さん】

時事通信
黒木啓司さん

FANTASTICSの中尾翔太君の訃報を聞いたのは

7月6日の朝でした。

僕らはMステに出演させていただく日で
テレビでの活動は2年半ぶりでした。

翔太君にとっても、
アーティストなら誰でも憧れる歴史ある音楽番組は
絶対に夢のステージだったと思います。

そんな翔太君の夢でもあるステージで
EXILEメンバー全員で

翔太君の

夢を

胸に...

一人ひとりの心に...

そして、気持ちを一つにして、みんなで天国から見守ってくれている翔太君に向け、
円陣を組み、翔太君に想いを届けられるよう気合いを入れました。

そして翔太君をはじめ、2年半ぶりに復活したEXILEを応援してくださっている皆さんに届くよう
パフォーマンスさせていただきました。

確かに、仲間が亡くなったことは、悲し過ぎます。

でも、EXILE TRIBEの同志として、EXILEのステージで翔太君の想いや夢とともにパフォーマンスすることが、僕たちが翔太くんに対して今できることだと思っています。

まだまだ沢山の夢を叶えていきたかったんだろうと思うと本当に悔しさがこみあげてきます。

彼の歩んできた道は、本当だったらまだまだ長く続き、辛いことも楽しいこともたくさんあったと思います。
メンバーたちとバカな話をして笑いあったり、時には喧嘩しながらもチームを成長させ、いつか必ず大きなステージへと続く道だったと思います。

闘病生活の中でも、一日でも早く復活して
ステージでどんな登場をしようかななんて思っていたかもしれません。

翔太君は今は悔しい気持ちでいるかもしれませんが、
いつか必ず、笑ってFANTASTICSを見守って、ともに踊っていると思います。

翔太君の果てないこれからの夢を叶えるのは、僕たちであったり、FANTASTICSのメンバーだと思っています。

EXILEとしてともに活動している
FANTASTICSのリーダーである世界や大樹は
この悲しみの中でも、生放送に出演しファンの皆さまへ最高のパフォーマンスを届けるべく
翔太君の想いとともに一生懸命踊ってくれていました。

僕たちもメンバーとして、そしてLDHの仲間として、これからも9人のFANTASTICSとともに夢を見て、最高のエンタテインメントをお届けしていきたいと思います。

翔太君、どうか安らかに。
天国で思う存分踊りまくってください!

EXILEメンバーと
心を一つに
一緒に夢を叶えていきましょう!

改めまして、ご冥福をお祈りいたします。

【AKIRAさん】

時事通信
AKIRAさん

翔太をはじめて見たのは
EXILE PERFORMER BATTLE AUDITIONでした。

ずば抜けて切れ味のあるダンスで、一瞬で、翔太の存在感に目がいったことを今でも鮮明に覚えています。

その時、、、
こんなにもはやく
翔太の人生が終わってしまうことを
誰が思ったでしょうか。。

ぼくは翔太とは、大樹や世界ほど長い時間は一緒にいられませんでしたが、2人からよく話は聞いており、僕がやるダンススタイルであるKRUMPを彼が好きなことは知っていました。

EXILEになる目標は叶わなかったけど、いつか一緒にKRUMPをしようとも話していました。

何より、、、
FANTASTICSという、期待された新グループのメンバーに抜擢され、これからが、彼が輝く時代でした。。。

そんな夢と希望と可能性に満ち溢れた翔太が
突然、若くして病を患い、病と日々、闘う姿勢に対して
先輩として、何もしてあげられない無力さと歯がゆさを感じていました。。。

翔太は
本当に頑張りました。

でも、、、
本当に悔しかったと思います。

みんなと、沢山沢山
踊りたかったと思います。。。

それを思うだけで
胸が張り裂けそうになります。

ですが、翔太はこれからもずっとFANTASTICSであり、EXILE TRIBEの一員です。

ずっと、ぼくらと一緒です。

そしてFANTASTICSのLIVEのときは、常にメンバーのみなさんと同じステージに、翔太の魂はきっとありますので、どうかみなさん翔太を忘れず、ずっと応援してあげてください。

翔太

どうぞ安らかに眠ってください。

今、踊れる全てに感謝しながら、翔太が教えてくれた沢山の大切なことを胸に、翔太の分までボロボロになるまで踊り続けます。

心より

御冥福をお祈りいたします。

【MAKIDAIさん】

時事通信
MAKIDAIさん

僕たちの仲間、FANTASTICSの中尾翔太君とお別れの時が来て、とても悲しい思いです。

また闘病生活の中、懸命に生きた翔太君やご家族の心中をお察しすると、胸が締め付けられます。

生前に翔太君に、少しでも出来る事はないかと思い、会いに行かせて頂いた時の、闘病中でありながらもとても力強い眼差しと輝きは今も心に刻まれています。

いつかメンバーと一緒に、ステージに立って踊る事を夢に希望を持ち続けて、EXILE TRIBEの一員として、LOVE, DREAM & HAPPINESSの同じ志を持って、勇敢に病と闘い、懸命に生きた翔太君!!

心から尊敬の念を送らせてください。

翔太君が、やすらかである事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします。

翔太君の事を忘れることなく、出会えた事に感謝をして、翔太君がくれた勇気と共に、これからの日々を歩んでいきたいと思います。

これまで温かい励ましの言葉や応援を送って下さった皆さま
支えて頂いた関係者の皆さまに感謝の気持ちをお伝えさせて頂きます。