NEWS
2018年07月09日 17時26分 JST | 更新 2018年07月09日 17時27分 JST

西日本豪雨、「平成30年7月豪雨」と命名

顕著な被害が起きた自然災害に名称をつけている。

Toru Hanai / Reuters

西日本の豪雨「平成30年7月豪雨」と命名 気象庁

 気象庁は9日、西日本を中心に降り続いた今回の記録的な大雨の名称を「平成30年7月豪雨」と決め、発表した。同庁は顕著な被害が起きた自然災害に名称をつけている。朝日新聞のまとめでは、台風7号が九州に接近した3日以降、9日午後1時現在、13府県で96人が死亡、行方不明や連絡が取れない人は82人となっている。

 今回の豪雨で気象庁は、数十年に一度の重大な災害が予想される場合に出す「大雨特別警報」を6日から8日にかけて福岡、佐賀、長崎、広島、岡山、鳥取、京都、兵庫、岐阜、愛媛、高知の11府県で発表。8日までにすべて解除されたが、2013年に特別警報の運用が始まって以降、一つの災害で4都道府県以上に出されたのは初めて。

(朝日新聞デジタル 2018年07月09日 14時20分)

関連ニュース