NEWS
2018年07月22日 12時31分 JST | 更新 2018年07月22日 12時31分 JST

「今年はもう米は無理だな」西日本豪雨で水田も大きな被害

連日30度を超える暑さが続き、干上がった水田もある。

蓑浦家の4世代が生きた時代
朝日新聞社
蓑浦家の4世代が生きた時代

水害と酷暑「もう米は...」 干からびた水田、ゴミを拾う

 西日本豪雨で、冠水した岡山県倉敷市真備町では、水田も大きな被害を受けた。豪雨後は、連日30度を超える暑さが続き、干上がった水田もある。

 同町の徳田武昭さん(79)は、6月18日に苗を植えたばっかりだった。持っていた農機具も水につかって使えなくなったという。干からびた水田で、流れ着いたゴミを拾いながら「良く育っていたのに、がっかりだ。今年はもう米は無理だな」と肩を落とした。(竹花徹朗)

(朝日新聞デジタル 2018年07月21日 23時39分)

関連ニュース