NEWS
2018年08月03日 10時44分 JST | 更新 2018年08月03日 11時54分 JST

東京医科大の女子一律減点不正に、田母神俊雄氏「そういう考え方もあるのは当然」と擁護

「現実には男性だけ、あるいは女性だけしか採用しないことは多い」とも

時事通信社

東京医科大が一般入試で女子受験生の得点を一律に減点していたことを読売新聞などが報じた。点数操作によって女子学生の合格者数を抑えた理由として、幹部は系列大学病院の女性医師が離職することが多いため、「必要悪」だと説明していたという。

同大の対応に批判の声が上がっていることについて、田母神俊雄氏は8月3日、Twitterで「批判一辺倒であるが、そういう考え方もあるのは当然だ」と擁護した。

また、男女差別にあたるとして男女雇用機会均等法で禁止されている性別を限定した社員の募集に関しても「現実には多い」ことを理由に、解禁すべきだとツイートしている。

このツイートに対して、「黙って不正したら詐欺じゃないですか?」「未来ある女性の夢を潰していますけどね。間違いなく一部の国民が不幸になっていますけどね」との返信が相次いでいる。

ハフポストの以前の取材に対し、40代の勤務医で国立大医学部を卒業した男性は、「育児や家事で病院から離れるというのは、女性に育児や家事を押し付けているからにほかならない。女性医師に出勤してもらいたいなら、その配偶者に頑張ってもらえばいい。そのあたりは医師だけが特別ではないと思う」話している