NEWS
2018年08月05日 11時37分 JST | 更新 2018年08月05日 11時37分 JST

車いす搭乗、スムーズに 国が航空各社に設備義務づけへ

東京五輪・パラリンピックを控え、バリアフリー対策が急務と判断した。

朝日新聞
航空機にスムーズに搭乗するための設備のイメージ

車いす搭乗、スムーズに 国が航空各社に設備義務づけへ

 車いす利用者がスムーズに航空機に搭乗できるよう、国土交通省は10月から、航空各社に支援設備の完備を義務づける方針を決めた。昨年、車いすの男性がいったん搭乗を断られたり、腕の力でタラップの階段を上らされたりする事態が発生。東京五輪・パラリンピックを控え、バリアフリー対策が急務と判断した。

 昨年6月、大阪府の木島英登(ひでとう)さん(45)が車いすで関西空港から奄美行きのバニラ・エア便に乗ろうとした際、奄美空港には階段式のタラップがあることを理由に「歩けない人は乗れない」と搭乗カウンターで言われた。「同行者に手助けしてもらう」と伝え、同行者に担いでもらってタラップを降りた。だが帰りの便では同社委託の空港職員に規則違反だと止められ、車いすを降り、腕を使って自力で17段のタラップを3~4分かけて上がることを余儀なくされた。

 こうした一連の対応を疑問視する声が上がり、国交省は対策を検討。バリアフリー法や航空法に基づく関連規定を改正し、障害者の搭乗に必要な設備や器具を備えるよう10月から各社に義務づけることにした。

(朝日新聞デジタル 2018年08月05日 07時02分)

関連ニュース