NEWS
2018年08月06日 10時59分 JST | 更新 2018年08月06日 10時59分 JST

水球・女子代表が相手の水着が破れるほどの激しいプレー。それをSNSで批判した男子代表の監督が謝罪に追い込まれる

監督は「悪質」などと投稿したところ、女子選手らはショックを受け、強化合宿も打ち切られる事態に

水球男子日本代表の合宿でインタビューに応じる大本洋嗣監督=5日、盛岡市
朝日新聞社
水球男子日本代表の合宿でインタビューに応じる大本洋嗣監督=5日、盛岡市

水球男子監督、SNS投稿謝罪 女子代表が合宿打ち切り

 水球女子日本代表の強化合宿が選手からの申し出で打ち切られた問題で、女子代表のプレーを自身のSNSで批判した男子日本代表の大本洋嗣監督が5日、「SNSの投稿で女子選手が動揺してしまった。軽率だった。責任を感じます」と語った。この日、盛岡市内であった男子代表合宿で問題に触れた。大本監督は、相手の水着が破れるほどつかむ女子代表のプレーを「悪質」などと投稿。女子選手はショックを受け、大本監督は謝罪したという。

(朝日新聞デジタル 2018年08月06日 06時27分)

関連ニュース