NEWS
2018年08月08日 12時08分 JST | 更新 2018年08月08日 12時08分 JST

日大アメフト部の4年生、大半が退部の意向を示す。秋のリーグ戦認められず、プレー機会を失っていた

新監督の橋詰功氏「悩んでいるんじゃないかという気がした」と語る

新監督に正式決定した橋詰功氏(左)と新コーチの泉田武志氏
朝日新聞社
新監督に正式決定した橋詰功氏(左)と新コーチの泉田武志氏

日大アメフト部4年生、大半が退部意向 プレー機会なく

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、秋のリーグ戦参加を認められず、プレーする機会がなくなった4年生の大半が退部する意向であることが7日、チーム関係者への取材で分かった。徳島秀将主将ら一部の4年生はチームに残り、下級生たちとチーム活動をともにする。

 この日、日大と監督・コーチ選考委員会から新監督として正式発表された橋詰功氏(55)も、この状況をすでに把握。4年生33人が参加した全体ミーティングを終えてから取材に応じ、「4年生はチームへの期待とか愛着は十分持ってくれている。強引にしようという気はないが、全員がやってくれたらいいなと思う」と語る一方で、「悩んでいるんじゃないかという気がした」とも話していた。

 4年生は近くチームに残るかどうかを決める。橋詰氏は「チームを去っていくからといって知らない人ではなくて、何かしらの方策を考えたい」と語った。

 また、新コーチには近大OBで社会人XリーグIBMコーチの泉田武志氏(40)が就任する。(榊原一生)

(朝日新聞デジタル 2018年08月08日 07時42分)

関連ニュース