NEWS
2018年08月08日 00時34分 JST | 更新 2018年08月08日 00時35分 JST

俳優の津川雅彦さん、心不全で死去。78歳、「マルサの女」などに出演

妻の朝丘雪路さんの死去を受けて開いた記者会見が、最後の公の場となった。

記者会見で質問に答える故朝丘雪路さんの夫で俳優の津川雅彦さん=5月20日、東京都港区 
時事通信社
記者会見で質問に答える故朝丘雪路さんの夫で俳優の津川雅彦さん=5月20日、東京都港区 

映画「マルサの女」などで知られた俳優の津川雅彦さんが、8月4日に心不全のため死去していたことが明らかになった。78歳だった。共同通信などが報じた。

葬儀は近親者で済ませたという。

スポニチによると、津川さんは2017年に肺炎を患っていた。今年4月27日には妻の朝丘雪路さん(享年82歳)が亡くなり、5月20日の記者会見で「彼女を残すよりはいい結果になった」と追悼したのが、最後の公の場となった。

津川さんは1940年生まれ。芸能人一家に育ち、16歳だった1956年、映画「狂った果実」で本格的にデビューした。その後、「マルサの女」を始め伊丹十三監督作品の常連となるなど、テレビドラマや映画で数多くの作品に出演。2枚目から悪役まで幅広い役で存在感を示し、名俳優として活躍した。「マキノ雅彦」名で監督も務め、「寝ずの番」などを発表した。

妻の朝丘雪路さんとは1973年に結婚した。