WORLD
2018年08月09日 10時46分 JST | 更新 2018年08月09日 10時47分 JST

グテーレス国連事務総長が長崎入り 被爆者と面会、核軍縮への姿勢語る 

長崎原爆の日の平和祈念式典に参列するため、長崎市に入った。

朝日新聞社

グテーレス国連事務総長が長崎入り 市長・被爆者と面談

 国連のグテーレス事務総長が8日、長崎原爆の日の平和祈念式典に参列するため、長崎市に入った。田上富久・長崎市長や松井一実・広島市長、被爆者団体の代表らと面会し、核軍縮への姿勢を語った。

 グテーレス氏は被爆証言などで核廃絶に向けて活動してきた被爆者らを「英雄だ」と称賛する一方、世界に核軍縮に逆行する流れがあると懸念も表明。核兵器禁止条約に触れながら「核兵器がなくなるまで国連とともに頑張りたい」などと訴えた被爆者らに、「皆さんの希望だけでなく決意も共有したい」と語った。(太田航)

(朝日新聞デジタル 2018年08月08日 23時35分)

関連ニュース