NEWS
2018年08月09日 20時37分 JST | 更新 6時間前

日大が応援リーダー部の監督を解任。部員がパワハラの被害を申し立てていた

「過去の栄光にすがりついている。学校の恥だ」などと発言したと申し立て

日本大学の校章
Toru Hanai / Reuters
日本大学の校章

日大がチア部監督を解任 部員がパワハラの被害申し立て

 日本大応援リーダー部(チアリーディング)の女性監督から暴言などのパワハラを受けたとして、女子部員が日大側に被害を申し立てていることが分かった。日大は9日付で監督を解任。学内の人権救済委員会が近く調査の結論を出す、としている。

 女子部員側が同日発表した文書によると、今年2月、監督は「大雪の日に、こいつが(監督と同期の)事務員に『監督に電話をかけてほしい』と頼んで練習をなくそうとした」などと、全部員の前で名指しして叱責(しっせき)した。だが、実際は「私が頼んだのではなく、事務員が厚意で監督に電話をしてくれた」という。

 また、女子部員がけがからの復帰が遅れていたことについて「本当はできるんじゃないの?」と疑い、試合に出場させようとしたほか、出身高校のスウェットを履いていたことについても「過去の栄光にすがりついている。学校の恥だ」などと発言したという。女子部員は他の部員からも責められ、大学に通えなくなってしまったという。

 その後、女子部員側は運動部を統括する学内の保健体育審議会(保体審)に、監督に発言の訂正をさせることなどを求め続けたが、保体審は監督を口頭で注意する以外の対応をせず、「日大としてできることはすべてやった」などと言われた、としている。

 日大は、監督を解任した理由について「学生の指導に支障を来す恐れがあると判断したため」と説明している。(土居新平)

(朝日新聞デジタル 2018年08月09日 20時19分)

関連ニュース