アート&カルチャー
2018年08月13日 14時52分 JST | 更新 2018年08月13日 14時52分 JST

『コナン』安室透スピンオフ漫画『ゼロの日常』第1巻重版決定 3日間で60万部突破

"安室人気"が続いている

小学館 VIA AMAZON.CO.JP
重版が決まった『名探偵コナン ゼロの日常』コミックス第1巻の書影 (C)小学館/青山剛昌

『コナン』安室透スピンオフ漫画『ゼロの日常』第1巻重版決定 3日間で60万部突破

 人気漫画『名探偵コナン』に登場する人気キャラクター・安室透が主人公の公式スピンオフ漫画『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』のコミックス第1巻が、8日の発売からわずか3日で重版されることが13日、わかった。すでに累計発行部数は60万部を突破するなど、"安室人気"が続いている。

 同作は、ある時は毛利小五郎に弟子入りする私立探偵の安室透、またある時は黒ずくめの組織のバーボン、さらには公安警察の降谷零として、3つの顔を持つ彼の、本編では明かされない謎だらけの日常を描く。『名探偵コナン』の作者・青山剛昌氏が監修している。

 第1話が掲載された『週刊少年サンデー』24号(5月9日発売)は、全国的に売り切れ店が続出する事態となり、漫画アプリ「サンデーうぇぶり」で24号をまるごと1冊、期間限定無料公開。さらに、今年の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』では、メインキャラクターを安室が務め、興行収入85億円を突破するなど"安室人気"が話題となった。

【関連記事】