WORLD
2018年08月14日 14時48分 JST | 更新 2018年08月14日 14時49分 JST

「くまのパディントン」そっくり。保護施設に捨てられた犬は生まれ変わった

そっくりすぎる...!

40カ国以上で翻訳され、世界で3500万部以上販売されたイギリス生まれの絵本「くまのパディントン」。2016年には日本でも映画が公開され、人気となった。そのパディントンにそっくりな犬の写真が8月5日にInstagramに投稿されて、話題となっている。

赤い帽子を被り、青いダッフルコートを着ているのはポメラニアンのバートラム。「ハロウィンのコスチュームが数カ月早く届いちゃった😬」というコメント付きで投稿された写真には、6万9000件以上のいいねが寄せられた。

Instagramのフォロワーは21万人以上、大人気のバートラムだが、実は元保護犬。DODOによると、売り物にするには大きくなりすぎたと判断したブリーダーによって、生後5カ月で動物保護施設に投棄された。今は5歳となったバートラムは、アートギャラリーで働くアーティストとニューヨークで幸せに暮らしている。

Instagramには、バートラムの愛くるしい写真が他にもたくさん載せられている。「パディントン」にそっくりなワンコ、これからもかわいい写真を要チェックだ。