NEWS
2018年08月15日 12時47分 JST | 更新 2018年08月15日 13時05分 JST

天皇陛下のお言葉は、こうだった。平成最後の戦没者追悼式(全文)

2015年の戦後70年から加えた「深い反省」という表現は継続した。

時事通信社
全国戦没者追悼式で、お言葉を述べられる天皇陛下=8月15日午後、東京都千代田区

終戦から73年を迎えた8月15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族約5500人が参列し、310万人の戦没者の冥福を祈った。

天皇陛下は2019年4月30日に退位することが決まっており、平成最後の追悼式となる。

式典では、正午に合わせて1分間の黙祷がささげられた。その後天皇陛下はお言葉で戦没者を追悼。2015年の戦後70年から加えた「深い反省」という表現は継続した。

お言葉の全文は以下の通り。

--------------

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」にあたり、全国戦没者追悼式に臨み、先の大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人びととその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来、既に73年。国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時を偲ぶ時、感慨は今なお、尽きることがありません。

戦後の長きに渡る平和な歳月に思いをいたしつつ、ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民とともに、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。