NEWS
2018年08月17日 12時54分 JST | 更新 2018年08月17日 12時54分 JST

新政府専用機が日本到着。ジャンボジェットから777にバトンタッチへ

ゆるやかなカーブを描く赤いラインが特徴です。

新しい政府専用機が8月17日、日本に到着した。内装工事をしていたスイスのバーゼルから、拠点となる北海道千歳市の航空自衛隊千歳基地に着陸した。時事ドットコムなどが報じた。

時事通信社
航空自衛隊千歳基地に到着した新政府専用機「777―300ER」型機=17日午前

新型機はボーイング社の「777-300ER」で、2018年度で引退する現行の政府専用機「ボーイング747」の後継機として19年度から運用を始める。首相や皇室の海外訪問などに使用される。予備機を含む2機体制で運用し、残り1機は12月に配備される予定だ

時事通信社
航空自衛隊千歳基地に到着した新政府専用機「777―300ER」型機=17日午前

日の丸をモチーフにした赤いラインは現行機と共通しているが、ラインが直線ではなく、ゆるやかなカーブを描いているのが特徴だ

■現行機のボーイング747は退役へ

ジャンボジェットのニックネームで知られる「ボーイング747」は就航から40年以上も世界の航空路線で活躍していたが、2014年には国内の航空会社から姿を消した。将来的に国内の航空会社へ整備を委託できなくなることから、政府専用機の後継機を選定していた。

AFP=時事
2018年現在の政府専用機(6月07日、カナダで撮影)