WORLD
2018年08月19日 13時37分 JST | 更新 2018年08月19日 13時38分 JST

流れ弾で死去した7歳少女のための募金が盗難。防犯カメラが捉えたあきれた犯行

「ツイッターの人たち、彼女を見つけてくれ」

ショッピング・パークの駐車場で銃撃戦に巻き込まれ、流れ弾に当たって死亡した7歳女児ハイジ・リバス・ヴィラヌエバちゃん。遺族のためにレストランに置かれていた募金箱(推定600ドルが入っていた)が米フロリダ州ジャクソンビルのレストランから盗まれた。その一部始終が監視カメラに捉えられていた。

地元警察が8月18日にネットで公開したビデオには、メキシコ料理店に置かれていた募金箱を、周囲をきょろきょろと見回した女性が素早くカバンに入れて、足早に立ち去る様子が収められている。

「この女性は誰なんだ。そもそも何でそんなことできるんだ。ツイッターの人たち、彼女を見つけてくれ」

その後、寄せられた情報などから容疑者が割り出され、募金を盗んだ疑いで46歳の女性が逮捕された。地元警察によると、女性は容疑を認め、麻薬のコカインを買うために金が必要だったと話しているという。

Jacksonville Sheriff's Office