NEWS
2018年08月26日 18時25分 JST | 更新 2018年08月28日 10時33分 JST

全仏オープン、今後はセリーナ・ウィリアムスの「ブラックパンサー・スーツ」を禁止へ

フランステニス連盟会長が「度を越えている」と表現していた

Christian Hartmann / Reuters
2018年5月の全仏オープンで「ブラックパンサー」風のスーツを着て試合に臨むセリーナ

2018年5月に開かれたテニスの全仏オープンで、セリーナ・ウィリアムスが着用した特殊なウェアが、今後全仏オープンで禁止される見通しとなった。責任者が「度を越している」などとして、着用を歓迎しない方針だという。

ブラックパンサー風のスーツ

セリーナは、今年の全仏オープンで、全身のボディラインが強調されるぴったりとした素材の黒いスーツを着用し、注目を浴びた

彼女は2017年9月に娘を出産後、血栓症を患って命の危機にさらされるなど健康面で苦しんでいた。出産後初めての4大大会を戦い抜くために、スーツには血液の循環をよくする機能があるという。

これは出産を経験したすべての女性への応援の意味も込めており、「このスーツは、身体に対する精神的や肉体的な悩みを乗り越えて、自信を持ち、自分を信じる女性たちの姿を表しています」と試合後の記者会見で語っている。

セリーナはこのスーツについて、映画「ブラックパンサー」に出てくる架空の王国「ワカンダ」風のスーツと呼んでいるという。着ていると「戦うワカンダ国の王女になった気分になる。私なりのヒーローになる方法」と述べている。

フランステニス連盟会長が苦言

セリーナのこのスーツについて、全仏オープンを管轄するフランステニス連盟の ベルナール・ジウディセリ会長は「度を越している」などと苦言を呈し「ウィリアムスもそのほかの選手も、今後のトーナメントではもっと控えめな服装になる必要がある」と述べた

Charles Platiau / Reuters
フランステニス連盟のベルナール・ジウディセリ会長

セリーナに対しては「今年の服装はもはや受け入れられない。試合と試合をする場所を尊重しなければならない」と言及した。

冷静なセリーナ「何も心配ない」

8月27日開幕の全米オープンテニスを前に、この「スーツ問題」について騒動が起きたセリーナは、今回の件についてジウディセリ会長と話したと報道陣に明らかにした。また、「私たちのチームは基本的にフランス語でやり取りをしているので、非常に良い関係を築いている。 最終的に折り合いをつけ、すべてうまくいくと確信しているので、何も問題ない」と話した