NEWS
2018年08月27日 16時44分 JST | 更新 2018年08月27日 16時44分 JST

ウユニ塩湖は山形にあった。思わずそう言いたくなる光景が撮影される

東北芸術工科大学の「鏡池」が美しすぎる

南米ボリビアのウユニ塩湖といえば、水面に空が映る幻想的な光景で世界的に有名だ。しかし、日本からボリビアまでは飛行機を乗り換えて25時間近くかかるのが難点。そんなあなたに朗報だ。日本でもウユニ塩湖のような光景が撮影されたのだ。

それは山形市内にある東北芸術工科大学で撮影された。本館前にある人工池「鏡池」だ。台風20号が接近した8月24日、夕日に染まる空を写して神々しい光景となった。その模様がTwitterに投稿され、27日現在で1万回以上もリツイートされている。

Twitter/hirohiromix212
Twitter/hirohiromix212
Twitter/hirohiromix212

「息を飲む美しさだった」

ハフポスト日本版は、撮影した同大学4年生の髙橋洋充(たかはし・ひろみつ)さんに取材した。

---撮影した経緯は?

夏休みに入り学生もほとんどいない中、大学で作業を終えた帰りのことでした。ほとんど誰もいない大学前の鏡池が輝いていて、息を飲む美しさだったので撮影しました。

---使用したカメラと、撮影の際に気をつけた点は?

実は、iPhone 7のカメラです。夕焼けが映る水面を美しく撮れるよう意識しました。

---「ウユニ塩湖のようだ」とは思いましたか?

目の前の美しさに見惚れてしまい、全く考えていませんでした。ただ後日そのように言われ「たしかに」と思ってしまいました(笑)。

---RT数が1万回を超えましたが、反響をどう受け止めてますか?

本当にびっくりしました。こんなにもたくさんの人が美しいものに惹かれ、美しいといってくれるのが本当に嬉しかったです。改めて、自然の美しさと人の暖かさを感じたように思えます。