NEWS
2018年09月06日 07時40分 JST | 更新 2018年09月06日 07時40分 JST

【地震情報】北海道安平町で震度6強。道内全域で停電、JR北海道も運転見合わせ

気象庁は今後も1週間程度、最大震度6強程度の地震に注意すべきだと警告している

9月6日午前3時7分ごろ 、北海道の胆振地方中東部を震源とする地震があり、北海道安平町(あびらちょう)で震度6強、北海道千歳市で震度6弱を観測したほか、北海道から中部地方の一部にかけて震度5強~1を観測した。気象庁が発表した

気象庁
地震の震度情報。気象庁の公式サイトより。

震源の深さは約37km。地震の規模(マグニチュード)は暫定値で6.7と推定される。この地震による津波の心配はないという。

気象庁では、揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている恐れがあるので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてほしいと訴えている。また、この地震発生から1週間程度、最大震度6強程度の地震に注意すべきだと警告している。

 

■北海道の全域が停電

毎日新聞によると、道内すべての火力発電所が停止した結果、北海道の全ての住宅約295万戸が停電しているという。

また、朝日新聞デジタルによると、JR北海道が6日朝の始発から全線で運転を見合わせたほか、札幌市営地下鉄と市電も停電のため、始発から運転を見合わせている。午前5時40分現在、新千歳空港も全館で停電している。

 

■各地の震度

気象庁によると、各地の震度は以下の通り。(震度5以上)

震度6強 安平町

震度6弱 千歳市

震度5強 札幌北区 苫小牧市 江別市 三笠市 恵庭市  長沼町 新ひだか町

震度5弱 函館市 室蘭市 岩見沢市 登別市 胆振伊達市 北広島市 石狩市 新篠津村 南幌町 由仁町  栗山町 白老町