NEWS
2018年09月05日 14時24分 JST | 更新 2018年09月05日 14時24分 JST

映画『サスペリア』トム・ヨーク手がける「Suspirium」が解禁。最新アルバムも発売決定

トム・ヨークが作曲とアレンジを担当し、レコーディングとプロデュースはトム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが行った

 ルカ・グァダニーノ監督最新作『サスペリア(原題)』より、レディオ・ヘッドのトム・ヨークによる表題曲「Suspirium」が解禁。さらに最新アルバム「Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)」が10月26日 (金) に世界同時リリースされることが公式発表された。

Greg Williams
ルカ・グァダニーノ監督最新作『サスペリア(原題)』

 現在開催中の第75回ヴェネチア国際映画祭にて、現地時間9月1日に公式上映が行われ、観客の間で大きな賛否が巻き起こっていることでも既に話題となっている、ルカ・グァダニーノ監督(『君の名前で僕を呼んで』)の待望の最新作 『サスペリア(原題)』(ギャガ配給)。

 この度、本作の音楽を全て手がけているレディオ・ヘッドのトム・ヨークによる最新アルバム「Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)」が10月26日 (金) に世界同時リリースされることが公式発表された。トム・ヨークが書き下ろした25もの楽曲を収録した本作には、インストゥルメンタル曲のみならず、「Unmade」「Has Ended」、そして今回1stシングルとして公開された「Suspirium」といったトム・ヨークのヴォーカルがフィーチャーされた楽曲も含まれる。

Greg Williams
レディオ・ヘッドのトム・ヨークによる最新アルバム「Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)」

 ホラー映画のための音楽制作はトムに新たな挑戦と機会をもたらし、アルバム「サスぺリア」は彼の今までのどのような作品とも一線を画すものとなった。ピアノ/ヴォーカルのバラードは"1977年のベルリン"という映画の設定にインスピレーションを受けたクラウトロック風なモジュラーシンセ曲、多層からなるヴォーカル、 そして恐怖、憧れ、哀愁を伝えるメロディーが合わさり、混沌的かつまとまりのある音楽の呪文が生まれている。

▼1stシングル「SUSPIRIUM」

 本作ではトム・ヨークが作曲とアレンジを担当し、レコーディングとプロデュースはトム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが行った。さらにアルバムには、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊がフィーチャーされている。またトムの息子であるノア・ヨークが「Has Ended」と「Volk」でドラムを、パーシャ・マンスロブが「Suspirium」でソロフルートを演奏している。

 また、現在開催中のヴェネチア国際映画祭では、ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツら超豪華な女優陣と共に、トム・ヨーク、そしてルカ・グァダニーノ監督がレッドカーペットに揃って登場。『サスペリア』の世界を彷彿とさせるエレガントなスーツやドレスで、各々の個性を爆発させたひときわ華やかな公式上映となった。上映時には、観客総立ちで約8分間という圧巻のスタンディングオベーション。 しかし予想を超えるほどの衝撃的すぎる内容ゆえブーイングも聞こえるなど、様々な反響が見られた。

 日本では『君の名前で僕を呼んで』で女性を中心に映画ファンを虜にしたグァダニーノ監督。77年公開のオリジナル版『サスペリア』の大ファンでもある監督の渾身の本作。監督は「14歳で初めて『サスペリア』を観たときから大ファン。自分ならではの解釈で映画化したかった」と、長らく本作への思いを抱いていた事を話していた。

Credit: Greg Williams

(2018年9月5日Abema TIMES「映画『サスペリア』トム・ヨーク手がける表題曲「Suspirium」解禁&最新アルバム発売決定」より転載)