WORLD
2018年09月07日 15時27分 JST | 更新 2018年09月07日 15時31分 JST

大会史上初、ヒジャブを身に着けたムスリムの女性がミス・イングランドのファイナリストに選出

「美しさには定義がなく、誰もが体重や人種、色や体型に関わらず美しい」

Instagram / sara_iftekhar

9月4日に行われた、ミス・イングランド決勝大会に、ヒジャブを身に着けたムスリムの女性がファイナリストの1人として名を連ねた。ヒジャブを身に着けた女性が大会にエントリーする前例はあったが、ファイナリストとして決勝に進んだのは大会史上初。インディペンデントなどが報じた。

大会の歴史を刻んだのは、20歳の大学生、サラ・イフテカールさん。恵まれない子どもたちの支援を行う団体に寄付をするため、クラウドファンディングのページを立ち上げており、その中でミスコンテストに参加した理由を綴っている。

「美しさには定義がなく、誰もが体重や人種、色や体型に関わらず美しい。私は、それを示すためにミスコンテストに参加しました」

今回大会、サラさんは優勝には届かなかったものの、Instagramのストーリーにアップした動画でこう語った。

「私の目的は優勝することではなく、私たち(ミスコン参加者)も普通の女の子ってことを示すため。そして、私はそれができたと思う。応援してくれて、本当にありがとう」