WORLD
2018年09月10日 14時24分 JST | 更新 2018年09月10日 14時24分 JST

黒人で、トランスジェンダーで、車いすのモデルが大手事務所と契約。その思いとは

「ランウェイで会いましょう」

Instagram / aaron___philip

車いす生活を送る黒人のトランスジェンダー、アーロン・フィリップさんがモデル界に新風を巻き起こした。ジゼル・ブンチェンやキャメロン・ディアスなど、数々のモデルや女優を輩出している大手モデル事務所、エリート・モデル・マネジメントと契約を結んだ。事務所が公式アカウントなどで発表した。

本人もTwitterで次のように喜びと感謝を伝えている。

「エリート・モデル・マネジメントと契約を結びました!ファッションの世界をもっとインクルーシブにしたいという想いを、支えてくれてありがとう。ここまでの道のりは決して楽ではなかったけど、ついにここまで来ました。人生の新しいチャプターを、みんなと歩むことにとてもワクワクしています❤️🥂」

現在、17歳の高校生。脳性麻痺のため、普段から車いすで生活している。アーロンさんは「私は黒人で、トランスで、障がい者です。さっき、大手モデル事務所と契約してきました」と題した、them.への寄稿文で、次のようにモデルになりたかった理由を語っている。

「私は、ファッション業界をもっと多様で、いろんな人が受け入れられる、アクセスしやすい場所にしたいんです。でも、今まで身体に障がいがあったり、黒人のトランスジェンダーのモデルが、この業界で働き、活躍している場面を見たことはありません。私は、その状況を変えたいんです」

「トランスジェンダーでも、障がい者でも、他の才能があり、努力をしているモデルのように成功できる日がすぐに来ますように。そうなるまでは納得いきません」

「ランウェイで会いましょう」と締めくくったアーロンさん。今後のファッション界を変える存在になるはずだ。