NEWS
2018年09月11日 11時01分 JST | 更新 18時間前

セクハラ疑惑のみなかみ町長が辞職願。支援候補が町議選で次々と落選。

町内の団体職員の女性に酔ってキスをしたとして、警察が捜査している

自らの辞職願提出について記者会見で説明する群馬県みなかみ町の前田善成町長=10日、群馬県庁
時事通信社
自らの辞職願提出について記者会見で説明する群馬県みなかみ町の前田善成町長=10日、群馬県庁

セクハラ疑惑の町長が辞職願 群馬・みなかみ

 群馬県みなかみ町の前田善成町長(51)が女性にセクハラをしたとして町議会に不信任を決議されていた問題で、前田町長が10日、辞職願を町議会事務局に提出した。不信任決議に対抗し、町長が4月に改選されたばかりの町議会を解散したことに伴う町議選(定数18)が9日投開票され、擁立・支援した候補者の大半が落選した責任をとるという。

 10日夕に県庁で記者会見した前田町長は「志のある人たちを擁立したが、親前田か反前田かという話になってしまった」と話し、町長選に再び立候補する考えを問われて「先のことについて考えていることは現時点ではない」と保留した。

 町議選では、不信任決議案が再び提案された場合に賛成の意向を示した当選者が過半数を占め、町長の失職が不可避の情勢になっていた。前田町長は18日開会の町議会9月定例会で同意が得られれば辞任し、認められなければ不信任決議を受けて失職する見通し。

 当日有権者数は1万6631人で、投票率は70・27%(前回66・77%)だった。

 前田町長は4月に町内の団体職員の女性に酔ってキスをしたとして、女性の被害届を受けて県警が捜査している。前田町長も女性に対し、新聞への謝罪広告掲載や損害賠償を求める訴えを前橋地裁沼田支部に起こしている。(泉野尚彦)

(朝日新聞デジタル 2018年09月10日 22時32分)

関連ニュース