WORLD
2018年09月12日 18時31分 JST | 更新 2018年09月12日 19時59分 JST

1本に繋がった眉毛は勇気の証し。22歳モデルは、今日もバッシングに立ち向かう

「毎朝ひどいコメントを目にするが、それが自分を奮起させ、自分に強さをもたらしている」

一本に繋がった眉毛を持つ女性が、SNS上で大きな影響を呼んでいる。

ソフィア・ハジパンテリさん、22歳の彼女は、現在アメリカで活動するギリシャ系キプロス人のモデルだ。

彼女の特徴は、なんといっても、一本に繋がった立派な眉毛。

その印象的なビジュアルは彼女を一躍有名にした。

ハジパンテリさんはニューヨークマガジンのインタビューで、「おばあちゃん、叔母さんたち、兄弟、家族みんな一本眉でそれが普通だった。そのことが私の背中を押してくれた」と語る。

しかし、一方で彼女はSNS上でバッシングの的となった。

「毎朝ひどいコメントを目にするが、それが自分を奮起させ、自分に強さをもたらしている」と、ロイターのインタビューで彼女は語る。

ひどいバッシングにめげることなく2017年9月、彼女はInstagramで「一本眉運動(#UnibrowMovement )」のハッシュタグを始めた。

「#UnibrowMovement は私の眉毛や私自身だけにとどまるものじゃない。社会の圧力によって隠したり、治したりしなきゃいけないとされているものを普遍的なものにすること。自分で誇りに思っていることを他人に好きじゃないと言われても、彼らのために変わらないということを示したい。それが私にとっての一本眉だった。私は自分の目標を『変化』にしたい。肉体的にではなく、社会的に。私は、怖がって殻に閉じこもることがない世界で成長したい。私は他人への寛大さを、違いを受け入れることを、そして最も重要な、自分自身を誇りに思うことを勇気づけたい。あなたたちを頼りにしているから、輝き続けて!」

このハッシュタグは世界中に広まり、彼女の投稿は多くの女性を勇気づけている。

ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp