NEWS
2018年09月16日 10時27分 JST | 更新 2018年09月16日 10時27分 JST

北海道、94万人以上が宿泊キャンセル。影響は292億円

観光・体験施設で6万9000人、フェリー・遊覧船で2万2000人、観光バス4000台でキャンセルが発生したという。

北海道、宿泊キャンセル94万人 影響は推計292億円

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震で、ホテルや旅館などの宿泊キャンセルが94万2千人分に上るとの集計結果を、北海道庁が15日発表した。宿泊に関する影響額は117億2500万円。交通費や飲食費などを含めると影響額は292億円と推計している。

 北海道ホテル旅館業連絡協議会や市町村にアンケートし、15日現在でまとめた。道庁が他の観光関連団体やバス協会に聞き取ったところ、宿泊以外でも観光・体験施設で6万9千人、フェリー・遊覧船で2万2千人、観光バス4千台でキャンセルが発生したという。

 北海道では6日未明の地震直後に道内のほぼ全域で停電が発生。その後の電力不足に伴う「2割」の節電要請は14日に解除されたが、関係者は影響の長期化を懸念している。(長崎潤一郎)

(朝日新聞デジタル 2018年09月15日 21時18分)

関連ニュース