WORLD
2018年09月18日 14時19分 JST | 更新 2018年09月18日 14時19分 JST

ラウンドアバウトに突っ込んだ車が宙を舞う 高速で進入し、盛大に発射(動画)

運転手は幸いにもかすり傷で済んだという。

AutoBlog

最近は日本でも徐々に増えつつあるラウンドアバウト(環状交差点)。信号を待つ必要がないため渋滞の緩和に役立ち、事故も減少すると言われているが、それはドライバーがラウンドアバウトの存在をきちんと認識している場合に限られる。英国のラウンドアバウトで起きた襲撃的な事故を、バイカーのヘルメットに装着されたカメラが捉えていた。

映像を見ると、バンを運転している男性はかなり急いでいた様子で(ビデオは再生速度が若干速くなっている)、ラウンドアバウトが目前に迫っていたことに気付かなかったようだ。そして気付いたとき、彼はバンに乗ったまま宙を飛んでいた。警察によると、この男性は幸いにもかすり傷と打撲だけで済んだという。なんと幸運な人物だろうか。

まるでTVドラマ『爆発!デューク(The Dukes of Hazzard)』のカーアクションを再現したみたいだが、実際に高速道路を猛スピードで飛ばしていて事故を起こした場合、ドラマのスタントのように見事に決まることは滅多にない。今回の事故も一歩間違えば遙かに悲惨な事態を招いていたかもしれないのだ。ラウンドアバウトを囲む傾斜した中央分離帯が、まるで発射台のような役割を果たした。我々はただ、ドライバーが無事だったこと、そして誰かのカメラがその瞬間を偶然捉えていたことに感心するだけだ。もし、彼が運転していたのがシトロエンのバンではなくてダッジ「ヴァイパーACR」だったら、上手く曲がりきることができ、宙を舞う事態は避けられたかもしれない。

By ZAC PALMER

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2018年9月16日 Autoblog日本版「【ビデオ】ラウンドアバウトに気付かず突っ込んだバンが宙を舞う!」より転載)

【関連記事】