NEWS
2018年09月19日 13時17分 JST | 更新 2018年09月19日 13時25分 JST

新潮社公式アカウントに、岩波文庫や河出書房が共鳴「志を共有したい」新潮45批判のリツイートで

「新潮社出版部文芸と同じ気持ちです」

岩波文庫編集部のツイート
岩波文庫編集部
岩波文庫編集部のツイート

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルを念頭に「生産性がない」と主張して批判を受けた問題で、杉田氏の寄稿を掲載した「月刊誌「新潮45」が9月18日、10月号で批判への反論を掲載し、新潮社や杉田氏への批判が再燃している。

性的マイノリティを中傷する内容や同社の姿勢に対して、著名な作家を含む多くの人から批判の声が上がっている。

同社の公式アカウント一つである「新潮社出版部文芸」が、公式Twitterで自社に対する批判の声をリツイートすると、岩波文庫や河出書房新社など出版業界からも賛同する声が上がっている。

新潮社出版部文芸はTwitterで、作家を含む多くの人から寄せられた同社批判のツイートや、出版部文芸のアカウントの自社批判の姿勢を応援する声をリツイート。

新潮社の創業者・佐藤義亮氏の言葉を引用し、「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」ともツイートした。

「岩波文庫編集部」Twitterアカウントは、この言葉を引用しながら、「新潮社出版部文芸さんの志、共有したいと思います」と賛同する意思を示した。

「河出書房新社 翻訳書」のアカウントも同様に、「長く続く出版社同士。もちろん、時代時代で変わっていく、変わらない訳にはいかないけど。良心に背いても、いいことないぜ、きっと。ほにゃく課は、新潮社出版部文芸@Shincho_Bungei と同じ気持ちです。」と声援を送った。

「新潮45」10月号には、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と、題された企画が掲載された。

企画の中で、編集部が批判を「見当はずれの大バッシング」と切り捨て、「LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だ」などと主張する文芸評論家・小川榮太郎氏の寄稿を載せている。

これに対して、著名な作家たちからは「どうしてあんな低劣な差別に荷担するのか」「論理が破綻している」と批判の声がTwitterに上がった。

また、自社批判を展開する新潮社出版部文芸アカウントの姿勢には、「がんばれ」「社内でつらい目に遭いませんように」といった応援のコメントも寄せられている。