政治
2018年09月20日 14時14分 JST | 更新 2018年09月20日 16時42分 JST

自民党総裁選の結果は… 安倍首相553票で続投へ。石破茂氏は地方票で善戦し254票

石破氏は地方票の45%を獲得、存在感を維持することに

総裁選を終え、握手する安倍晋三首相(右)と石破茂元幹事長=20日午後、東京・永田町の同党本部 
時事通信社
総裁選を終え、握手する安倍晋三首相(右)と石破茂元幹事長=20日午後、東京・永田町の同党本部 

安倍晋三首相と石破茂元幹事長の一騎打ちは、安倍首相の勝利に終わった。しかし、石破氏が一定の支持を受けたことで、選挙後も存在感を維持することになりそうだ。

2人が激突した自民党総裁選は9月20日、党所属の国会議員による投票が実施された。党員・党友による地方票と合わせて開票された結果、安倍首相553票、石破茂は254票となった。

ほとんどの派閥の支持を集めた安倍首相は、国会議員票(402票)では8割を超える329票を得た。その一方、地方票(405票)では伸び悩み、224票に留まった。首相陣営は当初、地方票の7割を目指していたが、甘利明事務総長は55%の獲得にハードルを下げていた。55.3%の獲得で、この目標を辛うじてクリアした格好だ。

竹下派の参院議員と自身の派閥から支持を受ける石破氏は、国会議員票では73票に留まったものの、地方票では約45%に当たる181票を得た。小泉進次郎・筆頭副幹事長は党本部で記者団に「党本部で記者団に「石破さんに入れます」と語っていた