NEWS
2018年09月20日 18時23分 JST | 更新 2018年09月21日 02時27分 JST

痴漢とLGBTの権利をなぜ比べるのか。「新潮45」小川榮太郎氏の主張の危険性、専門家が指摘

『触られる方が悪いんだ』という話にもなりかねない。

「新潮45」2018年10月号

月刊誌「新潮45」が9月18日発売の10月号で、同性カップルを念頭に「生産性がない」などと主張した杉田水脈衆院議員(自民)の寄稿を擁護する特集を掲載し、批判を受けている。

特集では、7人の保守派論客による寄稿文が掲載された。その中でも、文芸評論家・小川榮太郎氏による寄稿文を問題視する声がネット上で相次いでいる。

小川氏は記事の後半、LGBT当事者が生きづらいなら「痴漢症候群の男」なども生きづらいと主張。「(痴漢の)再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事」とし、(LGBTの権利を保障するなら)「彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか」などと綴った。

これに対し、「痴漢とは被害者がいる性暴力であり、その問題と、LGBTをめぐる議論はまったく土俵が違います」と、『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の著者で、精神保健福祉士・社会福祉士(大森榎本クリニック)の斉藤章佳氏は指摘する。

小川氏の寄稿文の問題点は、何なのか?斉藤氏の主張を聞いた。

HuffPost Japan

▼以下、小川榮太郎氏の寄稿文「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」より抜粋。

「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ。ふざけるなという奴がいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからである。

満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深ろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。

彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。」

「触られる方が悪い」という話になりかねない

小川氏は論考の中で、LGBT当事者の人権を尊重することについて、「(痴漢する人の)触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか」と反論している。

しかし、斉藤氏は「LGBT(性指向と性自認)の権利と痴漢加害者(性嗜好)の権利を同列に並べるのは、非常に問題がある」と指摘する。

「痴漢とは被害者がいる性暴力であり、その問題と、LGBTをめぐる議論はまったく土俵が違います」

「さらに、『触る権利を保障するべき』という主張そのものが、男尊女卑や女性蔑視でもあります。痴漢の加害者は圧倒的に男性が多い。触られる側、つまり痴漢被害者である女性の人権や心情を一切考慮しておらず、この論考をさらに発展させると、『触られる方が悪いんだ』という話にもなりかねません。まさに、セカンドレイプの温床になってしまうような、危険な主張と言えます」

HuffPost Japan
「新潮45」2018年10月号に掲載された小川榮太郎氏の寄稿文「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」

痴漢行為は「脳由来の症状」ではない

また、小川氏は寄稿文の中で、痴漢を繰り返す行為は「脳由来の症状」である、と綴っている。

しかし、「痴漢行為は『脳由来の症状』ではありません」と斉藤氏は指摘する。

「痴漢などの性暴力は、加害者が社会の中で学習して引き起こされる行動で、脳の病気ではありません。痴漢加害者は、時と場所や相手、方法を緻密に選んで痴漢行為を行います。泣き寝入りしそうな相手を選んで行動化しているんです」

「痴漢行為が常習化すると、衝動の制御ができなくなっていきます。梅干しを見ると唾液が出る反応と同じように、満員電車を見るなど、痴漢している時を想起したり、そのような特定の状況や条件下になると、スイッチが入ったような感覚にとらわれ痴漢をしたい欲求が出てくる。そして、それに適切な対処や介入をしないと衝動の制御ができなくなってしまいます」

「これを『渇望』といい、痴漢行為に至ってしまう問題の本質です。彼らは交番の前では痴漢をしません。つまり『脳由来の症状』ではありません」

「痴漢は『選択された行動』にもかかわらず、それを『脳由来の症状』と過剰に病理化してしまうと、加害者の行為責任を隠蔽することになりかねません」

「新潮45」2018年10月号

「痴漢は、『制御不可能』」は間違い

小川氏は、痴漢行為について「制御不可能」と表現している。

斉藤氏によると、痴漢を「脳由来の病気」による行動と決め付けたり、「男性の性欲はコントロールできないものだから仕方がない」と性欲説で曖昧にする論説はこれまでにもあったという。

しかし、痴漢行為は決して「やめられない」わけではない。

「こうした表現は、性暴力の問題をうやむやにするための巧妙な論法として今まで社会の中で前提の価値観として共有されてきました。しかし、脳由来の問題とすることで、痴漢や性暴力の問題を矮小化することに繋がり、結果的に加害者を助けてしまうことにも繋がります」

「脳由来の病気とすると、性犯罪者は手のつけられない『モンスター』のような存在ということになります。そして、その人は『痴漢をやめられない』ことになる。しかし、性暴力とは、学習された行動であるからこそ、学習し直すことで必ず止めることができます」

「時間をかけて正しい治療教育を受けることで、痴漢を繰り返してしまう人から、痴漢をやめ続けることができる人になっていきます。しかし、それが小川氏の主張によって、性暴力の再犯防止に関する誤解が広がってしまう恐れもあります」

......

小川氏の寄稿文をめぐっては、ネット上などで、人権意識に欠いた表現や誤った主張を問題視する声が相次いでいる。多くの批判が渦巻いている状況だ。

斉藤氏は、「間違っている論説には、エビデンスなどをしっかりと提示した上で、対話を試みる必要がある」と指摘する。

杉田水脈議員や小川氏の主張に同調する側、批判する側ーー。杉田水脈議員による寄稿文が掲載されて以降、双方の意見がぶつかり合っている状態だ。それでも、「対話」による相互理解が進んでいくことが、社会が変わるきっかけになるのではないか。斉藤氏は最後にそう語った。

 ◇

斉藤章佳(さいとう・あきよし)氏

1979年生まれ。大卒後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックに精神保健福祉士・社会福祉士としてアルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・虐待・DV・クレプトマニアなど様々なアディクション問題に携わる。その後、平成28年4月から現職。大学や専門学校では早期の依存症教育にも積極的に取り組んでおり、講演も含めその活動は幅広くマスコミでも度々取り上げられている。痴漢について専門的に書かれた日本初の著書『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)をはじめ、共著に『性依存症の治療』『性依存症のリアル』(金剛出版)がある。